So-net無料ブログ作成

プー太とにころ山 [仁頃山]

今朝5時、カーテンを開けると
いつもの黒っぽい雲が姿を消して
青空が広がっていました。


山だぁ~33.gif

どうせ天気は良くないだろうと
思っていましたが、予想外の青空に
慌てて朝食を済ませ、そそくさと
支度をしてからにころ山に向かいました。


出かけるとき女房が
ゆっくりしておいで」と言いました。

つまり、邪魔だから早く帰って
来るなという意味かと思います[わーい(嬉しい顔)]

 

久しぶりに雨の心配ない天気です
CIMG5990.JPG

中央がにころ山
CIMG5984.JPG

にころ山のヤナギランが

下の方から咲き始めていました。
CIMG5971.JPG

頂上は雲の中でしたがこれもいいものです。
CIMG5976.JPG

 
途中で何度か登り下りを
繰り返していた若い人がいたので

5 - コピー.pngこれで3度目ですか~」と聞いたら

travel_happy_young_set.pngいや4度目なんです

びっくりしました。
2度往復する人は聞いたことが
ありましたが4度も登るなんて。

いくら829mの低山とはいえ
頂上まで1度往復するだけでも
万歩計は1万歩を超えるんです。


ーーーーーーーーーーーー
 
プー太の小屋を解体
 
 
プー太の死から
10カ月ほどになりました。

もう犬は飼わないぞと夫婦で決めて
いましたが、いつかプー太に瓜二つの
可愛いワンコが現れたらと思いながら
プー太の小屋を処分しないでおきました。

しかし、プー太にそっくりな犬
なんてもう現れるはずもありません。
プー太の住んでいた小屋を
解体して処分することにしました。
 
CIMG5949.JPG
  
 
実はこのプー太の小屋は
昨年の春に亡くなってブログの
記事にしたこともありましたが
一緒に山登りをしたり親しくしていた
Oさんが、大工をしていた弟さんに
頼んで作ってもらい、それをプー太に
プレゼントしてくれた思い出の小屋なんです。
 
 
CIMG5955.JPG
 
 
作ってくれたOさんの弟さんは
早くに病気で亡くなり、Oさんも
昨年病気で亡くなってしまいました。

去年の今ころはプー太も
まだ元気だったのですが
これが最後の写真になりました。


昨年の夏
CIMG4293.JPG
 
 
 
小屋は処分しましたがプー太の
お骨はそのまま家の中に置いてあり
わが家の守り神になってくれています。
 

nice!(40)  コメント(26) 
共通テーマ:blog

nice! 40

コメント 26

コメントの受付は締め切りました
cooper

4度目ですって、4往復ですよね? 凄いつわものですね (@_@)!
私は山登りに縁がありませんでしたが、山に登られて景色や沢山の山野草、
高山植物をブログにあげられている方を羨ましく思っています。
我が家の2ワン達、13歳になりました。いつもしていたことを嫌がったりと
少しずつ様子に変化が現れてきています。
私は 次は有りません。自分の年齢から最後まで面倒見られませんもの。
その代わりと云っては何ですが、我が家の前の道路は沢山のワンの
散歩コースになっています。その子達と仲良くなります。(^-^)
by cooper (2019-07-21 15:54) 

みぃにゃん

プー太ちゃんハウスの解体・・・寒しいですがこれはプー太ちゃん専用ハウスだったからこれでいいかと思います。

by みぃにゃん (2019-07-21 16:19) 

hirometai

プ―太のお父様
家にもアラレちゃんの遺骨を置いています。
その前にいたノラちゃんやチビちゃんは、ちゃんとお墓に納骨しましたが、アラレちゃんは離れがたく、毎日お水をあげて話しかけています。いつも首のそばで暖かい息遣いを感じながら見守ってくれています。(^-^)
by hirometai (2019-07-21 17:11) 

森田惠子

お天気に恵まれて、久しぶりに山に登ることができて良かったですね。
今日の埼玉は雨こそ振りませんでしたが、どんよりした曇り空でした。
もう、1ケ月以上、青空を見ていないと思います(涙)

思い出のものを処分するのは決心が要りますね。
でも、プー太くんとの思い出はずっと残って、励ましてくれたり、楽しいことを思い出させてくれたりしますね。
by 森田惠子 (2019-07-21 18:59) 

Take-Zee

こんばんは!
とってもお気持ちが分かるだけに
涙ぐんでしまいます・・・・・

by Take-Zee (2019-07-21 19:43) 

プー太の父


cooperさん こんばんは~

4往復なんです。ただしそれで終わりとは
言ってなかったのでもしかしたら5往復かも?
もう怪物みたいなその健脚には呆れてしまいました。
cooperさんみたいな花の好きな方なら、そのへんの
山に登ればいろんな花を楽しむことが出来るのに
一度挑戦してみたらいかがでしょう。
のんびり登ればそんなに疲れないですし。

cooperさんのワンちゃんは2匹とも13歳ですか。
これから少しずつ年老いた現象が出てきますね。
わが家も老々介護になりそうなのでこれで終わりです。

by プー太の父 (2019-07-21 19:48) 

プー太の父


みぃにゃんさん こんばんは~

なんだか解体するのが忍びなくてすっかり
遅くなってしまいましたが、出来ることならもう一度
プー太と散歩してみたいと時々思い出していました。
by プー太の父 (2019-07-21 19:53) 

和

こんばんは
高さは丁度良い山ですね、うちの近くには600mの山があります。
登山は得も言われぬ満足感がありますね。
愛犬の思い出・・・最近は、うちの亀もだんだん年を取ってきましたので、ペットさまのお話が我がことのように伝わります。
プ―太ちゃんの代わりなんかいませんね。
by (2019-07-21 19:56) 

プー太の父


hirometaiさん こんばんは~

コメントをありがとうございました。
hirometaiさんの亡きワンちゃんもわが家のプー太と
同じく守り神?として一緒に住んでいるんですね。
実は春になったら庭に骨を埋めようと思って
いましたが、いまはず~っとそばに置くつもりです。

わが家も水とおやつを切らさないで供養して
いましたが、仏壇に生花が切れてもプー太には花の
切れたことがないのでちょっと苦笑したりしていました。
by プー太の父 (2019-07-21 20:06) 

プー太の父


森田さん こんばんは~

しばらく湿度の多い日が続きましたが今日は
ようやくカラッとして北海道らしい天気になって
おかげさまで山登りで大汗をかいてきました。
夕方からはもう涼しくてとても気持ちがいいです。
1カ月も青空見てないなんて、やはりニュースで
観たとおり深刻な日照不足なんですね。

プー太に会いたくなると、ときどき自分の
古い記事を読んだりしてプー太を偲んでいました。
プー太の記録を残しておいてよかったです。
by プー太の父 (2019-07-21 20:15) 

プー太の父


Take-Zeeさん こんばんは~

ありがとうございました。ときどきプー太を
思い出しては会いたくて胸が詰まることがあります。
またプー太と散歩してみたいとよく思いますが
過ぎ去ってみるとすごく楽しい16年半でした。

by プー太の父 (2019-07-21 20:23) 

夏炉冬扇

思い出一杯。
南無阿弥陀仏
by 夏炉冬扇 (2019-07-21 20:32) 

プー太の父


和さん こんばんは~

今日の登山は3月以来でしたので、とても辛くて
最後まで登れるだろうかと心配しながら登りました。
しょっちゅう登ってると足も体も慣れてきますけどね。

たかがペットと言われないものですね。
一緒にず~っと暮らすともう家族の立派な一員です。
それに時々遊びに来る孫たちも、いつも
プー太に会うのを楽しみにしていたのです。
和さんは亀千代ちゃんの心配がありますね。
by プー太の父 (2019-07-21 20:35) 

プー太の父


夏炉冬扇さん こんばんは~

どうもありがとうございました。
by プー太の父 (2019-07-21 20:36) 

wildboar

皆さん亡くなっちゃって淋しいですねぇ。
我が家のラッキー君の時代は、今ほどのデジカメ時代でなかったので、ほとんど写真がないのも淋しいです。
by wildboar (2019-07-21 20:53) 

プー太の父


wildboarさん おはようございます

少しずつ知人も減っていく年になっていきますね。
デジカメのない時代に飼われていたんですか。
私はデジカメのおかげでたくさん写真を残せました。

昨日の虫の水泳の写真を観たいのであとでお邪魔しますが
あの写真は傑作でしたね。観ていて楽しくなりました。


by プー太の父 (2019-07-22 06:55) 

tarou

プー太の父さん こんばんは
自然史博物館は、世界遺産になった富岡製糸場の
近くでした。今回は製糸場には寄らずに、ここで半日を
過ごして、お昼はコンニャクパークの試食で済ませました。

久しぶりに、にころ山に登られてんですね、
プー太がいないのが残念ですが、
雲にかすむにころ山も良いですね(^_^)v

by tarou (2019-07-22 21:59) 

ぼんぼちぼちぼち

プー太くんにゆかりの深かった方々も亡くなってしまったのでやすね。
小屋の解体で、お気持ちの区切りのようなものがつかれたのではないかとお察ししやす。
by ぼんぼちぼちぼち (2019-07-22 22:00) 

プー太の父


tarouさん こんばんは~

富岡製糸場の近くだったのですか。
私は5~6年前にクルマで富岡市を二度通って
いますが素通りでした。富岡近くの南牧村の
道の駅でコンニャクを買ったことがあります。
あのへんはコンニャクが名産なんですね。

山登りはちょうど大汗をかいたところなので
頂上の雲の中はヒンヤリして気持ち良かったです。
山登りの日から、今日まで25度前後のカラッと
した天気が3日続いていますが、日陰は少し寒い
くらい空気は涼しく気持ちよく快適な3日間です。



by プー太の父 (2019-07-23 18:58) 

プー太の父


ぼんぼちぼちぼちさん こんばんは~

この犬小屋はプー太ばかりでなく
亡くなったOさんの思い出も詰まっていたので
すっかり処分が遅くなってしまいましたが
やはり処分したことで、だいぶ
気持ちの区切りがついたような気がします。
by プー太の父 (2019-07-23 19:08) 

わたし

もう10年になりますが、死んだわんこのごはんをつくっていた小さな鍋がすてられません。
今回あたらしい鍋が増えたので、おもいきって処分しようとおもいます
by わたし (2019-07-26 18:23) 

プー太の父


わたしさん こんばんは~

だいぶ前に犬を飼っていたのですか。
その鍋で愛情をこめてご飯を作っていたのなら
なかなか捨てられなかったでしょうね。

私も小屋を壊して処分しましたがプー太の骨が
家に残っているので、このままお守りがわりに
家に置いて供養を続けようと思っていました。
ペットと言えども長い間一緒に生活してきたので
我が子同然、いつまでも忘れられないものですね。



by プー太の父 (2019-07-26 18:55) 

tarou

プー太の父さん お早うございます。
層雲峡には2度ほど行きましたが、40年以上前に
行った時は、川に沿って行くとたくさんの滝が
見られましたが、2度目に行った時は
たくさんのトンネルを抜けて、層雲峡温泉に
着いた思い出が有ります。

旭滝は、水量が少ないので迫力は有りませんが
岩肌を伝わって流れる水を近くで見ることが
出来ました。
滝の近くには、トイレが有るだけでお店は無く
静かな観光スポットでした。

by tarou (2019-07-27 08:09) 

紫

プー太くんのお父様

おはようございます。
いつも読み逃げばかりですみません。

あれから10カ月ですかぁ…。
随分経ったような、そうじゃない様な…。
拙宅の前の道で、お散歩している姿をよくお見掛けしてましたものね~。

プー太くんの小屋。
Oさんごきょうだいも、プー太くんも彼方に行ってしまったのですね…。
解体は、気持ちの区切りでもありますね。

最後の写真の可愛らしい事!
(いつまでも、お父様を見守っていてね…。)

蒸し暑い夏が始まりました。
御身体ご自愛ください。


by (2019-07-27 09:53) 

プー太の父


tarouさん こんばんは~

層雲峡に二度も来ていたんですか。
あの国道39号はオホーツク方面と旭川・札幌を
結ぶ古くからの大動脈ですが、落石による死亡事故
などもありその後は立派で長いトンネルも出来て
昔に比べたら走りやすくなって高速道路並みです。

層雲峡には有名な「銀河の滝」などの他にも
何箇所かに滝がありますが、大雪山のふもとの
ためか水流は多く滝が凍った冬場には
クライマーが氷登りを楽しんでいるようです。
by プー太の父 (2019-07-27 18:06) 

プー太の父


柴さんこんばんは~

コメントをありがとうございました。
私の方こそ読み逃げでご無沙汰してしまいました。

プー太の小屋を作ってくれたOさんの弟さん
そしてOさんもプー太もみんないなくなってしまい
思い出残る小屋の処分をためらっていましたが
ようやく解体してゴミ処理場に持って行きました。

実はプー太の1週忌(10月)にプー太の思い出話を
記事にアップしようと思ってもう記事を作ってあります。
思い出話には柴さんも出てきますので、そのときには
柴さんにお知らせしようと思っていました。
去年の夏の終わり頃、プー太がヨロヨロと歩いてる
とき柴さんに会えたのが最後になりました。
あの日からまだ1年になりませんが懐かく思います。

今日はすっかり蒸し暑くなってしまいましたね。
柴さんもお体を御自愛ください。
プー太の思い出の記事をアップしたら
お知らせしますのでぜひご覧ください。



by プー太の父 (2019-07-27 18:26)