So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

走れ東海道・箱根編 [黒い玉手箱 伊豆へ自転車で]

昔話 自転車旅行 第2話   1968年(昭和43年)9月 

(  注:今日の画像は全部ネットから借用したものです )

第1話は静岡県三島市に着いたところで話が終わりましたが
今日はその続きを、思い出すところだけ書いてみようと思います。

いろいろなことを思いだして考えてみたら
仕事が5連休だったので、
4泊5日の日程内で伊豆大島を目指して
行ける所まで行こうという
考えだったのでないかと思います。

1日目は静岡県内を頑張って走ったので、2日目は伊豆半島の付け根にある
沼津市や三島市を過ぎて、いよいよ箱根峠がすぐそこまでというところです。

 2日目の走行ルート

三保の松原⇒三島市⇒箱根峠⇒熱海市⇒[船]伊豆大島                 

                                                                                                 1日目は170キロ以上走り、2日目は三保の松原から三島市までまだ
60キロ弱しか走ってないのでこの日はまだまだ体は元気いっぱい。

友人と二人で箱根峠を目指して走り出しましたが
やはり箱根峠に向かう道は上り坂の連続で途中から
自転車に乗っての走行は無理になったので押して歩きました。

箱根峠を越えるということは予想通り
大変なことだと思いながら自転車を押して歩いてるそのときに

思わぬ味方が現れました

なんと追い抜いて行く車[車(セダン)]の助手席から次から次と                                   

頑張れ~!  頑張って~!」と声がかかるのです。

対向車線を走ってくるトラックの高い運転席からも
窓から顔を出して激励の大きな声が聞こえます。

もうこんなに応援されて元気が出ない訳はありません                                      

思ったよりも早く箱根峠に着いてしまったようです。

着いた~

2年前、高校2年生の修学旅行で訪れた箱根に
今度は自転車で来ることになりました。

1.jpg

このあたりからまた記憶がないのですが
いま改めて地図を見てみると、
熱海市まで最短距離(約20キロ程)を
走ったと思いますので、
たぶん十国峠を走り熱海市に行ったのでしょう。

 自転車旅行の2日目、無事に箱根峠を越えて
熱海市に向かう途中ですが、続きはまた次回にしたいと思います                                                                        


nice!(14)  コメント(4) 

nice! 14

コメント 4

コメントの受付は締め切りました
Do夢

応援してもらうと力でますよね(*^^*)
僕も自転車の旅してみたいです(^^)/
by Do夢 (2012-06-18 08:13) 

プー太の父

Do夢さん こんにちはー

ホントに声援を受けるとだらだらしてられなくて
身も心も引き締まってしまいますね。

思いだしてみると楽しい自転車旅行
だったのですが、これが初めてで最後でした。
by プー太の父 (2012-06-18 08:19) 

Loby

若いころのこういう冒険(?)は、いつまでも記憶に残りますね。
それにしても、苦しい時の励ましは、災害時にせよ、マラソンなどの
スポーツにせよ、元気をあたえてくれますね♪


by Loby (2012-06-21 02:06) 

プー太の父

Lobyさん こんにちは~

本当にそうですね、いまみたいにデジカメでも
あればいろいろ記録できたのですが
自分の記憶だけだと特別に印象的なこと以外は
忘れてしまってます。
by プー太の父 (2012-06-21 23:26)