So-net無料ブログ作成
巨大扇風機 ブログトップ

巨大扇風機 [巨大扇風機]

プー太1.JPG息子のプー太です。

全国的に猛暑が大暴れ[晴れ]
 
病院に搬送される人が続出
ついにお父さんの怒りが爆発しました[爆弾]

k-90.gif猛暑なんて吹き飛ばしてやる~ぅぅぅ[exclamation×2]

灼熱地獄から日本を救うため
お父さんが立ちあがりました。
そしてついにナショナルや東芝よりも早く

100万馬力の巨大扇風機の開発に成功


ボクとお父さんが、熱風が吹き荒れるなか
この巨大扇風機を「にころ山」頂上に設置を終えました。

すぐに運転を開始[モータースポーツ]

今から南に向かって
オホーツク海の涼しい風を送ります。

暑いの暑いの飛んでけ~っ[exclamation]

スイッチ・オ~~~ン[ひらめき]

01 - コピー.png



ウワーっ涼しい大成功です

だんだん寒くなってきました。

お父さん寒すぎるよ~[exclamation×2]

ついに雪も降ってきました。

20 - コピー.JPG
あ~あ[exclamation]こんなに積もっちゃった
17.JPG

運転失敗[失恋]

設計ミス・強力過ぎて
北極の冷たい空気を呼び込んでしまったようです。
これ以上雪が積もったら大変、急いで下山開始します。

13 - コピー.JPG

 

 


nice!(41)  コメント(18) 

続・巨大扇風機 [巨大扇風機]

はやくも猛暑襲来[exclamation×2]


群馬県館林で35.1度


すぐ近くの太田市には
夏に涼しい(寒い)オホーツク地方で
生まれ育った叔父と叔母が住んでいます。

「叔父さん叔母さん大丈夫ですか~
危険だから外に出ないようにしてください。
こちら北見、一昨日は14.1度昨日は18.9度
いまこちらの冷たい空気を送りますからね~



暑いところに住んでる全国のみなさん
もう少しの辛抱です。いま涼しくしてあげます。
 


 

昨年

莫大な費用をかけて制作した巨大扇風機。


オホーツク海の涼しい空気を
南に向けて送る計画でしたが、完成した巨大扇風機が
あまりにも強力すぎたために北極の冷気を呼び込んで
日本中を寒くしてしまうという失態を演じてしまいました。


真夏のにころ山に
雪が積もったのでプー太もびっくり

(昨年の真夏、巨大扇風機始動後1時間で
にころ山は真冬の景色になってしまいました。)

17.JPG20 - コピー.JPG

 

あの日本中を騒がせた
様子はこちらです
[soon]015-07-16

 

昨年の失敗にも懲りず
その後も忙しいなか研究を重ねてきました。

今年こそご期待ください。

日本の夏といえば

金鳥の蚊取り線香や三洋電機の扇風機
そして三菱電機のルームエアコン
「霧ヶ峰」などが長いあいだ活躍してきました。

 

しかし[exclamation×2]

いま歴史は大きく変わります。


いまからプー太の父の
巨大扇風機の時代が始まるんです



プー太の父


日本の夏を涼しくするという大きな夢を
オホーツク海の澄んで涼しい空気に乗せて
間もなくみなさまの元にお届けいたします。

話が長くなりましたが

いまプー太をはじめとするスタッフが
巨大扇風機を再び「にころ山」の
頂上に設置を終えた連絡が入りました。

ひどい猛暑で日本中が危険な状態
もう残された時間もありません。
すぐに運転を開始します。

巨大扇風機よ日本を救うのだぁk-90.gif

暑いの暑いの飛んでけ~~~っ[exclamation×2]


スイッチ・オ~ン[爆弾]

01 - コピー.png

 

季節外れのエィプリールフール。

なんぼか涼しくなったべか~(´▽`*;)

暑いのは大変でしょうけど
こちらは寒くて少々ヤケクソ気味になってます[ちっ(怒った顔)]

 

 


nice!(41)  コメント(38) 

プー太は年取りました [巨大扇風機]

プー太と二人でにころ山の頂上に
巨大扇風機を設置してきました。

01 - コピー (3) - コピー.png


今年も南に向かって
オホーツク海の涼しい空気を送ります


そのときの記念写真[わーい(嬉しい顔)]

記事用.png


すぐに巨大扇風機の効果が。


北見は2日間最高気温が17度台と
涼しく(寒く)なりました。


猛暑日(36.9度)の2日後
7月17日・18日の朝晩

(前日まで毎日エアコン使用だったのに)
CIMG2214.JPG


その後は少し暑くなったり涼しくなったり
北海道らしい過ごしやすい日が続いています。

 

プー太は先月満15歳になりましたが
隣の美幌町の農家で生まれて間もなく
生後1週間ほどでわが家にやってきました。

今は痩せて腰も曲がったプー太ですが
若いころは元気がいっぱいでした。

にころ山で 

20 - コピー.JPG
17.JPG



マイナス20度超えの寒い冬の早朝も
喜んで私と散歩していたし
一緒に冬のにころ山に登ると私の前に出て
私を引っ張るようにして登ったものです。


その姿が面白く見えたのか

下山してくる人に
お父さん楽そうですね~
冷やかされたこともありました。


そんな元気だったプー太も
最近は散歩を喜ばない日もあり
昼間も寝ていることが多くなりました。

いつも私が家に帰ると飛び上がって
喜んでくれたのに最近はまったく無表情。

犬と人間の関係とはいえ
本当の子供のように思っているプー太が
親を追い越して老けこむなんて寂しいものです。


 


nice!(27)  コメント(24) 
巨大扇風機 ブログトップ