So-net無料ブログ作成
検索選択
黒い玉手箱 千葉 ブログトップ

同級生がやってきた [黒い玉手箱 千葉]

 

黒い玉手箱:愛知県在住時代の昔話(私が18歳から23歳のころ)

中学1年生が(本当は小学生のころからという記憶もあるのですが
煙草は吸う、クルマは運転する、おまけにケンカ早い

前回の昔話で、この同級生のN君が豊田市に遊びに来た話をしようと思ったら
野球の話になってしまってすっかり遅くなってしまいました。

中学の時は一緒に野球に汗を流し

img001.jpg

高校時代はバンドを組んで(ドラムN君、リードギターが私右の写真)

img001 (5) - コピー.jpgimg001 (3).jpg
 
そして高校を卒業
私は愛知県豊田市に就職、同級生は札幌の大学に行きました。

 


トヨタで働くようになった年か2年目のこと、彼が友達と二人で
札幌から豊田市の私のところに遊びにくることになりました。

あのころトヨタの寮では、親や兄弟が遊びに来る時は寮の空き部屋
を貸してくれていたのだと思いますが、私が寮の事務所に行って
事情を話すと、快く部屋を貸してもらえることになりました。

こうして友人たちと私の3人が、布団も3組貸してもらって
きれいに掃除もしてある、きれいな部屋に2泊させてもらったのです。

豊田市から3人で私のポンコツカローラに乗り、N君が運転して名神高速道路を
走ったのですが、時速130キロくらいになるとクルマがミシッミシッと
飛行機に乗ってると聞こえる、空中分解でもしそうな不気味な音がするのです。

しかしそれが限界だったようで、それ以上はスピードは出ませんでした。
行った先は関ヶ原の古戦場などでした。

img001 (4).jpg

こうして寮の計らいで泊るところの心配もなく
学校を卒業してからの再会を楽しく過ごしたものです。

 


 その1年後か2年後

彼は大学を卒業して就職、千葉県に茂原市に住むことになりました。

ある日のこと、私が勤務中に電話だと呼び出されます。

電話の主はN君

すぐ近くまで来てるのでちょっとでもいいから会えないかな~
という電話でした。

当時は私はトヨタの本社工場から移動して、カローラなどを生産していた
上郷工場に勤務していましたが、N君は近くを走る東名高速道路の
上郷サービスエリアから電話をくれたのです。

もちろん私は上司の許可を得て上郷サービスエリアまで走りました。

サービスエリアにいる彼とフェンスを挟んで一般道路側から私と
奇妙な会い方でしたが、
故郷北海道の最北の村に住んでるハズの彼の
お母さんも一緒にいたので私も驚きました。

話を聞くと、岐阜のほうに有名な整骨院があるので
お母さんのために観光がてら岐阜まで行くということなのです。

ほんのわずかの時間でしたが嬉しい出来事でした。

 

それから数カ月(昭和48年3月)

 

広い北海道に比べたら愛知県と千葉県なんか近いものです。

私も東名高速道路、首都高速や京葉道路などを走って
千葉県まで遊びに行き、赤ちょうちんで一杯やったり
あちこち案内してもらったり楽しく遊んできたのです。

img001.jpg

 

さらに4ヶ月後(昭和48年7月)img002.jpg

そしていよいよ私はトヨタを辞めて

北海道に帰ることを決めましたが

北海道に帰ったら、千葉県に行く機会も

なくなると思ってまた千葉県まで走ります。

 

 

千葉県にはこの友人ばかりでなく、現在群馬県に住んでいる
叔母が船橋市に住んでいたので、このときは叔母の家に行くのが
目的だったのですが、叔母の家にお邪魔したり友人に会ったりして
最後の千葉を楽しんできたのです。

このときはトヨタを辞めて北海道に帰る1週間前でしたが
この年は愛知県に住んでいた5年間でも一番暑く感じた年でした。

やっと北海道に帰れると思って、緊張感がなくなって
しまったために余計いつもより暑く感じたのかもしれません。


それからさらに3年後

彼も札幌に転勤になり、札幌のススキノで飲みに行くことになりましたが
このとき二人で入ったスナックで驚くべきことになったのです。

以前に記事にしましたが、あの頃有名だった歌手のマイク真木さんに遭遇
マイク真木さんに、すっかりごちそうに
なってしまうという
忘れられない出来ごとがあったのでした。

何かと思い出の残った同級生の話でした。

 

 

 


nice!(34) 
共通テーマ:blog
黒い玉手箱 千葉 ブログトップ