So-net無料ブログ作成
黒い玉手箱 信州 ブログトップ

初めての信州 [黒い玉手箱 信州]

昔話も三分の一ほど話を終えましたのでimg001.jpg

今回からは愛知県も含めて信州や北陸

方面の思い出を書いていきたいと思います。

右のパンフレットは1970年ころの木曽路

パンフレットですが

今回は初めて信州に行った思い出話をします。

免許を取得して中古のカローラを買ってから間もなくのことです。

旅の雑誌をよく読んでいたので、たぶん雑誌の影響だと思いますが
たまらなく白樺湖諏訪湖に行ってみたくなって
春になったある日の早朝一人で初めて長野方面に向かって走りました。

以下の画像はネットから借用

諏訪湖

3.jpg

愛知県豊田市を出発して瀬戸市を過ぎると岐阜県の多治見市や恵那市。

そして憧れの長野県に入ると有名な馬籠宿妻籠宿があるのですが
このときはまだ歴史より風景が優先だったので
この宿場町を訪れるのはまたその3年ほど後になります

ネットで調べたら馬籠宿だけが、平成の大合併で岐阜県になっていました。

ここからがそのときのただ一つの思い出に残ってしまう出来事です。

木曽路(国道19号線・旧中山道)を気持ちよく走っているときに
突然警察が現れて私に止まれと合図をしました。
免許取得して初めての違反で捕まってしまったのです。

初めてネズミ捕りに遭った

記念の土地名が43年たっても1歌川広重.jpg

忘れられないのですが

塩尻市洗馬(せば)という所です。

馬を洗うなんて書いて洗馬

変な地名だなと思ってずーっと覚えていたのですが
その時のスピードもたった12キロオーバーの72キロだったので

なんでこのくらいのスピードで捕まえるんだ~と思ったことを覚えています。

そしてその洗馬も宿場だったのはついさっきネットで知ったばかりです。

今まで変な地名と思っただけで、考えたことはなかったのですが
その地名の由来はネットでも調べることが出来ませんでした。

しかしネットでみつけた右上の歌川広重の洗馬宿の絵
たぶん木曽川だと思いますが
長旅で汚れた馬をきれいに洗ってあげた宿場、だから洗馬なんて
地名になったのかなと勝手に想像しました。(たぶん違うでしょう[ふらふら]

そんな思い出が残りましたが、目的の諏訪湖と白樺湖を見ることができ
ますます信州ファンになって、その後何度も信州に行くことになりました。


nice!(19)  コメント(8) 
共通テーマ:日記・雑感

バスツァーのご案内 [黒い玉手箱 信州]

お知らせプー太2.JPG

お父さんが1971年の木曽路を巡るバスツァー参加者を募集します。

img005 - コピー.jpg

あなたぁ~といつかぁ~歩いた木曽路ぃ~[揺れるハート]

みんなとボクは~訪ねてきたぁ~♪

木曽路ぃ巡りのぉ~バスはぁ走るぅぅぅ~♪

窓にぃぃぃ~広がるぅ~高い~ぃ山よぉぉぉ~[るんるん]

お父さんは、山本コータローさんの替え唄まで歌って上機嫌[わーい(嬉しい顔)]

日時:12月2日(日曜日)

集合場所:ブログ「プー太とにころ山」

ツァー料金:250円

お父さんのブログを見ている方は無料です、みなさん待っていま~す


タグ:信州 木曽路
nice!(15)  コメント(12) 
共通テーマ:日記・雑感

木曽路のバスツァー [黒い玉手箱 信州]

特別企画img001.jpg

ようこそ41年前の木曽路を走るバスツァーへ

みなさん待ってましたよ~[わーい(嬉しい顔)]

さて本日は41年ほど前の信州木曽路を走る

バスツァーに参加下さいましてありがとうございます。

今日は特別にんたけ交通さんから

41年前に木曽路を走っていた
大変古いバスを無料で借りてきました。
私プー太の父が運転手兼ガイドをしますので
今日はゆっくり木曽路を楽しんでくださいね。

さぁみなさん早く乗って下さいよ~

秋の木曽路のバス旅行出発でーーす[バス]

 

初めの古い(41年前)パンフレットの山は
有名な木曽の御嶽山(おんたけさん)ですが
ちょうどバスの中からも見えますから後ろを見て下さい。

すばらしい雪景色でしょう
あれが木曽の御嶽山(御岳山とも言う)ですよ。

img005 - コピー.jpg

遠くから見てるだけではつまらないですね
せっかくだから木曽福島から中山道
(国道19号線)を出て御岳山の近くまで行ってみますか。

い忘れましたが私は大型1種の免許しか持ってないので
本当はバスの運転は出来ないのです
[ふらふら]

もちろん警察には内緒ですよ[exclamation]

私の座席の後ろにあるクーラーボックスに
口止め料の飲み物[ビール][バー]がたくさん入ってますので
好きなだけ飲んでくださいね。

乗客のみなさん
ところでこの上り坂、こんな古いバスで大丈夫かね~

古いバスさん
何を心配してるんですか
私は若いころあちこちの高原を走り回ったんです。
高速道路ばかり走ってるそのへんの
へなちょこバスと一緒にしないでくださいよ

さあ登りますよ~ナンダ坂コンナ坂ヤッホー[バス][exclamation×2]

さすが、おんたけ交通一のど根性バスと
言われただけあって元気がいいですね。
見かけはボロボロでも性格は明るいし
みなさん安心して山の風景を楽しんでくださいよー

01 - コピー.jpg

ここはもう御岳高原ですよ、いい風景でしょう[わーい(嬉しい顔)]

もう少し奥までバスを走らせますね、ここは開田村。
開田村と言ったらこれも有名な開田高原があります。

今は懐かしい木曽福島町も開田村も
その他の村などと合併してしまったので現在は木曽町と
言うようですが、思い出の地名が変わるのは少しさびしいですね。

橋を見て下さい、今にも落ちそうな木で作ってありますが
私が子供の頃は田舎の国道も木の橋でした。
この辺はどこへ行っても御嶽山が主役ですね。

01 - コピー - コピー.jpg

それではまた中山道(国道19号線)に戻って
今度は反対側にそびえる駒ヶ岳の裾野、木曽駒高原に向かいますよ。

いい風景でしょう、山ガールさんもうっとりして眺めていますね

img001 (2) - コピー.jpg

そのときの若い私なんですが
この時の風景が本当に気持ち良くて、今もすごく記憶に残っています。

img001 (3) - コピー - コピー.jpg

img001 (3).jpg

さて木曽町のすばらしい高原巡りも終えて
バスはツァー最後の地、上松(あげまつ)町に入ります。

この町も木曽福島との合併の話があったのですが
住民投票の結果、合併しないということになったようです

上松町の景勝地と言ったらもうここです、その名はねざめの床

ねざめの床は岩と木曽川の水流で出来た自然で
大正時代には国の名勝に指定されていたそうです

img001 (2).jpg

さあみなさん腹も空いたでしょう

今日のバスツァーの最後は
おんたけ交通直営のドライブインで昼食です。

今日は「プー太とにころ山御一行様」の貸切ですから
ここでゆっくり飲んで食べて下さい。

img005 - コピー (2).jpg

さてそろそろみなさん食事も終えて
ドライブインから出てきましたね。みなさんだいぶ
飲みましたね~顔が真っ赤で、木曽路の紅葉みたいですよ[わーい(嬉しい顔)]

今日はバスツァーに参加くださいましてありがとうございます。
 
あとは解散場所の名古屋駅まで走るだけ
途中には妻籠宿や馬籠宿などまだまだ見る
ところがありますが、またいつかの機会にして
名古屋駅に向かいますよ~みなさん揃いましたね。

出発しまーす[バス]

木曽路ぃめぐ~りのぉ~バスはぁはしるぅぅぅ~[るんるん]


おわり



あとがき(41年前の私もひとこと)

41年後の私が運転したバスの乗り心地はいかがでしたか
きっと心配で
のんびり風景なんか楽しんでられなかったでしょうね。

このドライブインでもらった1枚の古いパンフレット
いつかまた絶対来たいと思って持ち帰ったパンフレットでした。

それが41年後ブログの読者の
みなさんと一緒に来ることになるなんて
とても考えられないことでした。時代は変わりましたね。

img003 - コピー - コピー.jpg


nice!(16)  コメント(20) 
共通テーマ:日記・雑感
黒い玉手箱 信州 ブログトップ