So-net無料ブログ作成
検索選択
黒い玉手箱 近畿 ブログトップ

三重県と和歌山県の思い出 [黒い玉手箱 近畿]

黒い玉手箱 (愛知県在住の昭和43年4月~昭和48年7月までの話)

この箱に入っている古い資料や写真をもとに、若いころの思い出を語ります

5.jpg

黒い玉手箱シリーズで、愛知県に住みついた年に自転車で伊豆大島旅行
そして車の免許を取得したところまでお話しました。

そのあと中古のクルマを買ってあちこち走り回りましたが、今回は何度も行った
伊勢湾岸沿いの三重県、一度だけの和歌山県のことを思い出してみます。

当時愛知県から三重県に行くのに8.jpg

よく走った道路が名四(めいし)道路

この通行券は昭和47年のものですが

その2~3年後に無料になったようです。

愛知県から三重県に入ると桑名市です。10.jpg

桑名市長嶋町には長嶋温泉や国内では

ディズニーランドの次に広い敷地面積の

大型テーマパーク

ナガシマスパーランドがあります。

一度しか行ったことがなかったのですが入場券を保管していました。

 

桑名市の次が四日市市

日本4大公害のなかで、唯一大気汚染で多くの人達が苦しんだ街

四日市を初めて通ったとき国道から見たものは
高い煙突や無数の太いパイプや細いパイプのある大きな工場
いま思い出してみると毒ガス製造でもしてるような雰囲気の工場でした
茶色に錆ついたような民家の屋根や建物
街全体が茶色になってるような印象を受けたのです。

車の中にいても息苦しい気持ちになったのですが
公害の街としての四日市が、強く頭に残っていたので気のせいかもしれません。

最近の四日市の工場群(ネットから借用)

2DSC_1032.jpg

初めてこの街を通ったのは、私が19歳だった1969年(昭和44年)1月ですが
このときはまだ原告の喘息患者と被告のコンビナート企業6社の裁判中で
原告側勝訴の判決が出たのが1972年でした。

私には錆ついてたように見えた街に、多くの人達が喘息で苦しんだり
子供達が亡くなったり、また自殺した患者もいたのです。
本当に大変な歴史のあった街なので
あのとき通った異様な街の様子が忘れられません。

もしも夜に通っていたら
不夜城のように灯りがいっぱいの工場の巨大煙突から
大量の毒ガスが四日市の街に吐き出される気味悪い光景だっと思います。

なお三重県の県庁は津市ですが
工業や経済そして人口と四日市が三重県の中心都市のようです。

ほんの少しの通過時間なのに思い出に残った四日市市から南下

鈴鹿市、津市、松坂市

四日市市は忘れられない街ですが
この3市の思い出はまったくないのです。

鈴鹿市と言えば鈴鹿サーキットが有名ですが当時の若者には珍しく?
私はクルマのレースなどモータースポーツには興味がなかったのです。
津市は「つ」という一文字の地名で三重県の県庁所在地という程度。

さらに南下すると伊勢市

小学生のとき日本中が切手ブームになり1 (2).jpg

私もいろんな切手を収集していましたが

オホーツク海の砂浜しか知らなかった私には

すごく不思議な風景に見えて

いつか見てみたいと思っていたところ。

そこは伊勢市二見町二見浦(ふたみがうら)です

夫婦岩 1969年1月:撮影プー太の父)

2.jpg

上の写真はたまたま偶然に切手と同じような所から写していました。

3 (2).jpg

この日は曇っていて寒い日でしたが、この風景を見たときは感無量でした。

それから伊勢志摩スカイライン伊勢神宮などを見物

 

伊勢志摩スカイラインの景色は
それまで見たことがない絶景で、いつか自分が結婚したら
新婚旅行は絶対ここにするんだと思ったほどの素晴らしい景色でした。
でも現実にはその7年後新婚旅行は宮崎に行ってしまいましたが。

 

4.jpg

この風景が気に入ってしまって

その後2度か3度行ってるのですが

この領収書はその3年後

昭和47年3月となっています。

その当時500円だった通行料金は

現在は1,220円になってるようです

でもこの絶景を見たならば

通行料金が高いなんて文句は言えません。

伊勢神宮参拝もしましたが
1月だったのですごい人で大渋滞。

参拝するのに並んで少しずつ前に
歩いてるのですが、頭の上からお金が降ってきます。
後ろから賽銭箱をめがけてお金を投げ入れてるのでしょうけど
賽銭箱に届かないで、途中の人並の中にお金が落ちてしまうのです。

そして和歌山県にも行きました。

何度も行った三重県のことは思い出すのですが
和歌山県には一度しか行ったことがなく、覚えているのは
那智の滝、クジラの街太地町、本州最南端の潮岬などですが
写真も資料もなく記憶も薄れ、記事に書くことができませんでした。

潮岬(ネットから借用)

800px-KureZaki.jpg

ただ太地町を通った時には
クジラのモニュメントを見て初めて捕鯨の町と知り、潮岬に行ったときには
本州最南端の碑を見たので、そこが最南端と知ったような記憶があります。

黒い玉手箱、今回は三重と和歌山の思い出でした

 

 

 

 


nice!(20)  コメント(8) 
共通テーマ:日記・雑感

伊吹山 [黒い玉手箱 近畿]

 今回の黒い玉手箱シリーズは40年前の伊吹山の思い出です

いつか本州の山に登ってみたい
どうせなら日本百名山にと思っていましたが
思いだして考えてみると、40年ほど前にたった一度だけ登っていたのです。

この事実を知ったのは、つい最近のことですがびっくりしましたね~

ただし9号目までクルマで登ったので、登山とは言えないのですけど。

それは滋賀県の最高峰伊吹山(標高1377m:日本百名山のひとつ)
伊吹山ドライブウェイの入口は岐阜県関ケ原町ですが頂上は滋賀県です。

img001 (3).jpg

この伊吹山ドライブウェイを走ったことは覚えてるのですが
それ以上のことは特別考えていませんでした。

ネットで調べたら(9号目の頂上駐車場に車を停めて
そこから歩いて頂上へ、頂上は霊場の雰囲気
)となっています。

そのときのことを思い出してみましたが
私も伊吹山ドライブウェイを走って終点の頂上駐車場に
クルマを停めて、たしかに頂上まで歩いて行ったのです。

岩があちこちにゴロゴロと転がっていた頂上には
神様を祀っていて霊場という雰囲気だった記憶がありました。

40年前の思い出の通行券

img001.jpg

通行券に日付が入ってなくて残念です。
このときはたぶん昭和46年かなと思いますが、当時800円だった
通行料金が現在は3,000円というバカ高い料金になってるようです。

ちょっと懐かしくなったので、ネットから伊吹山の画像を借りてみましたが

伊吹山のお花畑4.jpg

あのとき天気が良ければ

景色もよかったのでしょうけど

曇っていて頂上は寒く

景色はあまり見えなかったような気がします。

 

ここが9号目の駐車場

私もここにクルマを停めて頂上まで歩いたのです

2-2.png

頂上7.JPG

霊場という雰囲気が

記憶にあるのですがたぶん

この神様を見てそう思ったのか。

 
一度は行きたいと思っていた本州の百名山に
40年前に行ってたなんて、うれしい発見でした。
若い時あちこち走り回っていて本当に良かったと思います。
いま行こうと思っても、そんな遠くまで簡単に行けないですからね。
 
話のついでに、この近辺の思い出のものがまだありましたので
 
 
img001 (4).jpg
 
関ヶ原の古戦場なども見てるのですが、ウォーランドにも行ってたようです。
ウォーランドとは、関ヶ原の戦いなどの博物館みたいなものです。
img001 (2).jpg琵琶湖大橋の通行券ですが、これは
昭和46年8月29日と
はっきり分かる
日付スタンプが
押してありました。

どこの有料道路も通行料金が
高くなってるのになぜか
琵琶湖大橋の通行料金は
40年後の今も同じ200円です。
 

あと、この近くでは、
彦根市の彦根城も古いままで
とても良かった記憶がありますが
彦根城の入場券は手元に残っていませんでした。
 
 
今回は岐阜県と滋賀県にまたがる伊吹山の思い出話でした。

nice!(17)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

文通友達が住んでいた街 [黒い玉手箱 近畿]

京都、天橋立、福井県の三方五湖レインボーライン、今話題の敦賀原発にも
行ってきましたが、資料も記事にするような記憶もないので省略して
鳥取砂丘に行ったときに通った、福知山市の思い出を少しお話します。
 


小学4年か5年のときに
福知山市に住む1歳年上の男子と文通をしていました。

京都の山奥の方から北海道の先端の方までなので
手紙を出してから配達になるまで、だいぶ日数がかかったと思います。


私が返事を出してから相手の返事が
私のところに着くまで、今か今かと待っていたものです。

文通が始まってから何カ月かすると
文通相手から京都の珍しいお菓子を送ってもらったり
こちらからも北海道の名物を送ったりするようになりました。

その人のお姉さんまでも、手紙を書いてくれて同封されていたり
家族ぐるみの文通みたいになりましたが、やがてお互い
中学生になるころには、どちらからとなく文通は途絶えてしまいました。



鳥取砂丘はあまり思い出も残っていませんけれども
そのとき通った福知山市は忘れられない街、しっかりと記憶に残っていました。

そして不思議なことに、50年も過ぎた今も
その文通相手の住所と名前をはっきり覚えているのです。


nice!(18)  コメント(8) 
共通テーマ:日記・雑感
黒い玉手箱 近畿 ブログトップ