So-net無料ブログ作成
検索選択
お父さんの昔話 ブログトップ

吹雪の思い出話 [お父さんの昔話]

北見にもやっと春がきましたぁ[わーい(嬉しい顔)]

今日(29日)のわが家の近く、春に見えますかね~

P3290011.JPG

なごり惜しいので
今日は昔(私が高校生のころ)の吹雪の思い出話をします。

ブリザードの村」と「ブリザードが村を襲った」という題名で
2度NHKの報道番組で放送されたくらい
冬は吹雪が当たり前だった、北海道宗谷地方の北オホーツク海側。

ここで生まれ育った私には、吹雪の思い出がたくさんありますが
そのときの思い出の一つを書いてみます。



猛烈な地吹雪の中、父を捜しに向かう
[exclamation]

黒い玉手箱で登場しました父が、私が中学生のころは
魚も獲れなくなったので
漁師をやめて郵便局の電報配達の仕事をしていました。

冬は天気がいいときは50ccのバイク
雪の日や吹雪の日はスキーで配達していましたが
遠いところは家から10キロから15キロほどの距離を配達します。

田舎のことなので
部落から次の部落の4~5キロの間は家が一軒もなくて
街の中の同じ距離とは比較できないくらい寂しくて遠い道のりでした。

或る日の午後、父は遠いところまでバイクに乗って配達に出かけましたが
出かけてしばらくしたら、風が強くなって雪も降り出しました。

やがて本格的な吹雪になってしまいますが
夕方には帰る予定の父は夜の8時になっても9時になっても帰ってきません。

もう11時も過ぎたころだったと思いましたがgaiyo_map.gif

いよいよこれは大変なことになったと思って

私は家を出て猛烈な地吹雪のなか

その日の父の配達ルート(国道238号線)を

稚内方向に向かって歩きだしました。

そして3キロ程歩いた頃、地吹雪の中に人影が時々見えました
こんなひどい地吹雪の田舎の国道、クルマはまったく走れない状態。
歩く人だっているわけがないので
人影は電報配達の仕事をしてる父しかいないとすぐにわかりました。

やがて目の前に現れ「お~心配して迎えに来たのか」と父の声

見つかるかどうか不安でしたが、父を見たときは本当にホッとしたものです。


息をするのも大変な吹雪のなか、かなり苦労して途中までバイクを押して
歩いて来たようでしたが、あちこちに雪の吹きだまりが出来てしまったので
諦めて途中でバイクを置いて来たのでした。

乗り捨ててきたバイクは、後日天気が回復してから又長い距離を歩いて
父が取りに行ってきましたが、漁師をしていて天気には詳しい父でも
予想外の急変した天候だったのでしょう。


あと書き

吹雪のなか父と会った国道の近くにその何年か後
吹雪からの緊急避難用
パーキングシェルターが出来ました。

これはスノーシェルターとは違って
海岸線の地吹雪の多いところにありますが、中にはトイレと電話が
設置してあり、道北には3か所のパーキングシェルターがあるようです。

0.jpg

 

この吹雪のひどかった一帯はサルフツ原野と言いますが
本当に何もないという言葉がピッタリの風景なのです。

そんな何もない荒涼とした風景が良かったのか

私が小学生のころの大作
人間の條件(仲代達矢/新珠三千代)のロケが行われたこともありました。

このとき先生が、みんなをロケの現場まで連れて行ってくれたのですが
残念ながらその日の撮影は終わっていて、がっかりした思い出があります。

 

 


nice!(21)  コメント(13) 

マイク真木のお話 [お父さんの昔話]

                         
前回お知らせしましたが
子供や孫に私の昔話として残しておくつもりで
過去記事をいろいろ書き直したり
残さなくてもいいと思う記事は削除したりしていました。

読み直してみると、誤字や句読点の使い方など
いろいろ書き直すところが見つかるものですが
どの記事もほとんど文章が短くなってスッキリしました。

それだけ記事がダラダラしてるんだろうな~

なんて反省したりしていますが
まだまだ全部終わらせるのは時間がかかるので
少しずつのんびり書き直していくつもりです。

ブログを始めて間もない頃に書いたこの記事は
2回に渡って書いたのですが、半分以下に短縮してスッキリしました。

始めの頃の記事なので、みなさんきっと読んでないでしょうね
同じ記事を2回も読んでもらう方には申し訳ないのですが
せっかく書き直したのでぜひ読んでください。

なお、いま書いているピンクの下線の上の部分はいずれ削除したいと思います
 




マイク真木にお酒をごちそうしてもらった話

1966年
私が高校2年のころ
マイク真木のバラが咲いたが大ヒットしました。

その年にNHKの紅白歌合戦に出場したのですが
他の歌手がみんな正装して出てるのに、マイク真木はセーターに
ジーンズというスタイルで物議をかもし出したそうです
  

 

1971年にはマイク真木作詞作曲、歌も本人で映像だけが
鈴木ヒロミツ、モービル石油のCM「のんびり行こう」が大ヒット
私は「バラが咲いた」よりも記憶に残っています。             

毎日何回もあのコマーシャルが流れていたので
子供から大人まで、知らない人はいなかったでしょう。

 

そのマイク真木さんにお酒を御馳走してもらった出来事は
夢だったのでないかと思うくらい記憶も薄れていますが
あの時いただいたサインを見ると、やっぱり本当のことだったのです。  

02.jpg

 


それではあのときのことを書きます

1975年6月27日                                             

私が26歳のころ、札幌に住んでる同級生と久しぶりに会ったので
2人でススキノの或る小さなスナックに入ろうとしてドアを開けると

それらしい人がいたので友達とビックリして顔を見合わせていたら
その人がおいでおいでと、こちらに手を振っているんです。 
               

ああやっぱり本物のマイク真木だったのです[exclamation×2]                    

マイク真木さんは、付け人みたいな大きな体の若い男性と2人で
こちらも2人、合計4人で1時間くらいだったと思いますが
大いに盛り上がって本当に夢のようなひとときでした。

どんな会話をしたのかまったく覚えてないですが
とにかく明るく
きさくで楽しい方という印象が残っています。                    

その時名刺の裏にサインをしてもらったので
年月日やスナックの
名前まで書いてありました。

本当に気のきく方です。

 

私は新婚ほやほやだったので
サインに女房の名前を入れてもらっていました。

もしもこの記事をマイク真木さんが見てたら

マイクさん、あの時はお酒とサイン
そして素晴らしい思い出をありがとうございました、感謝してま~す。

 

 

 


nice!(35)  コメント(12) 

同級生 [お父さんの昔話]

中学1年生が
煙草は吸う、クルマは運転する、おまけにケンカ早い

クソ真面目で大人しかった私?とは正反対
その悪ガキの見本のようなN君と中学から一緒になりましたが
なぜかウマがあってしまって、いろいろと思い出が残っています。

小学6年のときには12名しかいなかった同級生でしたが

中学に入学するときには
北の部落から野球の上手かったM君
西の部落からは小学生のときにピッチャーを
やっていて中学生並と言われたこともあるN君

そして初めに紹介しましたが
野球よりもワンパク少年ぶりが目立っていたN君

それに4番でエースだった私と

部落は違っていても
小学生の頃から野球をやっていた同級生は顔を知っているので
小さな中学校にしてはだいぶ豪華な顔ぶれになりました。

こうしてあちこちから一緒になって、少なかった同級生も
男女合わせて30人ほどになってだいぶ賑やかになったのです。

 

中学生活が始まるとimg001 (2).jpg

みんなで野球に汗を流し

1年生のときには南宗谷大会の決勝で

大きな学校に敗れてあと1歩のところで

道北大会に出れませんでした。

しかし3年生のときには

村内大会で見事優勝して

稚内市で開催された

念願の道北大会に出場。

ワンパク少年のN君は
背番号2キャッチャーでトップバッター

私は背番号4セカンドで2番打者

 

私の時代は全校生80人程の小さな学校でしたが

昔は道北大会はもちろんのこと、全道大会でも好成績を残して

ノンプロ(今の社会人野球)にスカウトされた人もいたほどの
野球が強い学校だったので、
地方紙「日刊宗谷」にも
優勝候補の次にダークホースとして紹介されました。

 

試合前日のパレード行進中には、見物する人の中からも
久しぶりに出てきたな~」という声も聞こえます。

 昭和39年7月31日(東京オリンピックの年)
稚内市内で道北大会出場チームのパレード

img001.jpg

久しぶり出場の私たちのエースは
小学生のころ中学生並と言われたほどの
ピッチャーだったので、狙うのは道北大会制覇ですが

試合の結果

1回戦は稚内の中学校で優勝候補の一角が相手

1番バッターのキャッチャーN君がいきなりライト前ヒット
これで行けそうだと思ったのですが、やはり相手は優勝候補のひとつ
ピッチャーもなかなか打たせてくれません
2番の私からN君の2回目の打席までノーヒットと打線は完全に沈黙。

 

0対0のまま4回の表

この回のトップバッター、2番の私が打席に立ちます。

待ってました。ど真ん中に速球[野球]が来ました。

カキィーン[exclamation]木製バットなのでこんな音はしませんでしたが

快音を残してセンター前にライナーが飛びます。
ベンチからは「これだこれだ~」と
今まで相手ピッチャーに押さえられていたので
溜まっていた欲求不満が爆発したようなコーチの声。

続いて3番打者

エースのN君もヒットで続いてノーアウトランナー1塁2塁。

 

4番大砲のショートM君

打ったぁー大きい
[exclamation×2]

さすが4番、2塁ランナーの私は楽々ホームイン
レフトオーバーの2塁打で待望の1点が入りました。

あとは小学生のときに中学生並みと言われた
我がエースが、完璧に相手打線をねじ伏せて1回戦を突破。

 

2回戦
これも大きな町の強豪チームが相手

0対0のまま後半、相手の攻撃でランナーは3塁

セカンドを守る私のところにゴロが飛んできたのですが
セカンドゴロを処理して、ホームに投げればアウトに出来たのに
緊張のためか、1塁に投げてしまってアウトは一つ取ったものの
この間に1点取られてしまってこれが決勝点。
私の記録にならないエラーで敗退となってしまいました。

しかしその後セカンドオーバーのヒット性の打球を
汚名挽回とばかり、必死で追ってスーパーファィンプレー[ちっ(怒った顔)]

このファィンプレーのことは、後日全校集会のときに
校長先生がみんなの前で話してくれたのですが
私のミスのことは何も言わず、ファィンプレーを褒めてくれたのです。

私も腐らず頑張って良かったと、とても嬉しかったものでした。

 

こうして2回戦で敗退してしまいましたが、久しぶりの道北大会!

その後同窓会などのときは、この話で盛り上がるのですが
思い出深い母校が廃校になって30年ほど経った今は
小さな
中学校時代のいい思い出に残っています。

 

 

 そして高校時代

3年生のときにはバンドを組んで

彼がドラムで私はリードギター(右側の写真)と
6年間一緒だった学生生活も、最後にまたいい思い出を残して終わります。

img001 (5) - コピー.jpgimg001 (3).jpg

今回は黒い玉手箱シリーズとして
仲良くしていた同級生が
豊田市まで遊びに来た話をする
予定だったのですが、野球中継が大変長くなってしまいました[ふらふら]
 
楽しかったことを思い出すと、ついつい横道に入ってしまいます。
 
しかし50年前のことなのに
パレードのときの久しぶりに出てきたな~とか
 私がクリーンヒットを打ったとき
コーチの
それだそれだ~という興奮した大声を
今もはっきり覚えているのですよ、不思議なことですね。
 
それでは続きの話はまたいつかしたいと思います。

 

 

 


nice!(36)  コメント(8) 

バカヤロー審判やめろー [お父さんの昔話]

 
前回は中学時代の野球のことを記事にしましたが
小学6年生の時にも
忘れられない野球の面白い思い出[ふらふら]がありました。

 (あくまでも記憶ですので、点数差やアウトカウントなどは
 実際とは少し異なるかもしれませんがご了承ください)

 

エースの私が乱調

そして私を救援したピッチャーも不調、3対7とリードされて
敗色が濃くなってきたとき、味方に絶好のチャンスが回ってきました。

2死満塁

私の打順の前にピンチヒッターS君が出ます。
5年生ながら4番を打たせてもいいくらいのS君ですが
体が悪いこともあったので、レギュラーから外れていました。

そのS君、みんなの期待どうり「カキィーン」という快音を残して
打球は弾丸ライナーで、内野を抜いて外野も抜いて
走者一掃のランニングホームランになってしまいました。

これで味方の応援団は一挙に盛り上がります

同点に追いついてツーアウトランナーなし

 

バッターは4番の私

打席に立った私にも興奮した応援席から大声援[どんっ(衝撃)]

カキィーン[exclamation×2]

ランニングホームランを打ったS君と同じところにライナーが飛んで
ボールは内野を抜き、そして外野がもたつく間にホームイン

連続ランニングホームランで勝ち越し、応援団は大爆発[爆弾]

 

しかし
審判協議の結果、外野はエラーと判定されて
私は2塁に戻り、次打者は凡退して同点のまま

次の回の守備

私を救援したピッチャーも不調で、私が再登板

ランナー3塁、1点取られたら負けるピンチでした。

このとき私(右投げ)が
新ルールに従って軸足(右足)を外さないで3塁にけん制球を投げます。
(それまでは軸足を外さないとけん制球は投げられないルールでした)

ボーク[exclamation]と球審の判定

しかし我が監督が抗議、判定はもちろんボーク取り消し

このとき応援席から大きな声で

 

バカヤロー[exclamation×2]
何をやってんだ審判なんかやめてしまえ~
k-90.gif

 

と痛烈なヤジが飛びました

審判もすぐに応援席の方に向かって帽子を取って
すみませんでした~と深々とお辞儀をして謝ります。

 このヤジ、実は私の父だったのです[がく~(落胆した顔)]

 いやー恥ずかしくて

「父さん、プロレスの試合でないのだから
少し静かに見ててくれないかなぁ」
思ったのですが
同点になったときから、父も応援団もすっかり興奮してしまって。

マウンド上で動揺してしまった私ですが
なんとかこのピンチを0点に押さえて7対7の引き分け。

 応援団も大興奮の忘れられない試合でした。[わーい(嬉しい顔)]

 


nice!(32)  コメント(4) 

故郷の海 [お父さんの昔話]

この古い写真は私が4歳のとき、実に60年前の写真なんです。

私の乗ってる船は、漁師をやっていた父の船ですが
なんとマストがあるのです。

そして海を見てください、ぜーんぶ帆かけ舟なんですよ。

漁船の動力が機械化されたのはこの2~3年後かと思います。


昭和29年7月2日(オホーツク海)

02.jpg

 

このころはまだニシンが獲れていたころで、父も東北あたりから
出稼ぎにきた若い衆を何人か雇って漁をしていました。

たまーに小さなフグも網に入ってるのですが
売れないからか料理が面倒なのか
浜に捨てられてカモメやカラスの餌になってしまうのです。

海から上がったばかりのフグは、腹をふくらませてポンポンに
なってるのですが、そのフグを石に向かって投げると
パーンといい音が出るのが面白くてよくやったものです。

食べるとすごく美味しいのですが
あまり食べさせてもらえませんでした。
きっと毒もあるので料理が面倒だったのかと思っています。

それにしても石にぶつけて破裂させるなんて
ずいぶん残酷な遊びをしたものです
[ふらふら]

 


nice!(36)  コメント(4) 

故郷の海・2回目 [お父さんの昔話]


海は広いな大きいなぁ

オホーツク海(浜頓別町付近の海岸)

13.JPG


オホーツク海(雄武町付近の海岸)

20 - コピー.JPG


オホーツク海(私の育った家があったところ)

09 浜猿払の家の跡 - コピー.JPG

上の写真の下側、1月のブログ記事にしましたが
ソフトバンクが注目した、北海道と
サハリンを結ぶ
通信用海底ケーブルの記念碑が写っています。

私が子供のころは、下の新聞の写真のように整備されてなくて
雑草の中に墓石のような碑がぽツンと建っているだけでした。

P1040007.JPG

 

こんな穏やかな夏の海を見ていると
みなさん海はいいなぁ~と思うでしょうね。

 

しかし冬になると暗い海に変わって、荒れる日も多くなります。

大荒れになると、海のうねりの音がドーン[exclamation]という大きな音になり
そのたびに家の中の戸や玄関の戸がガタガタと揺れる音がします。

富山の薬屋さんや親せきなど、たまぁに家で泊まっていく人たちは
口をそろえて、朝まで眠れなかったと言っていたものですが
私はもちろん慣れているので、この程度は当たり前のことでした。

しかし年に何度か台風並みのすごい大荒れになることがあります。

みなさんもテレビの映像で
台風のときの海の大荒れを見たことがあると思いますが
まるで、普段の3倍くらいに海が膨張したような怒り狂う光景です。

いくら海のそばで育ったといっても
このときばかりは、まともに目の前の海を見るのが恐ろしいほどでした。

 

でも1月の北風が吹きつける大荒れの夜が明けて、布団の中でじーっと
耳を澄ますと、波の音も風の音もピタッと止んでシーンとしてるんです。

もう海を見なくてもわかります

来ました、今年も流氷が

大荒れの海は嫌いだけど流氷が来ると嬉しかったですね
波の音が消えてシーンという音が聞こえるくらい静かになって
なにしろ一年中いつも波の音が聞こえるのです)どこまでも
流氷が続いて海がすっかり隠れてしまって、本当に神秘的な風景に変わります。

この父と一緒の写真は私が中学生のとき
3月末なので流氷はだいぶ去ってしまって
少ししか残っていませんけど、この状態を海明けと言います。
img001 (3) - コピー.jpg

こんなとき流氷に乗って海の中を覗くと
大きな毛ガニがうようよ泳ぎ回っているのが見えるのです。

私がまだ5~6歳のころだったと思いますが
父が流氷に乗って毛ガニをたくさん捕ってきたのです。
その数は50匹や100匹なんてものでなくて
流氷の上が大きな毛ガニで山盛になっているのです。

 

いまは夢の中の出来事かと思いますが

牙をむき出した悪魔のような
大荒れの

恐ろしい海のそばには、二度と住みたくないものです。

 

 

 


nice!(34)  コメント(10) 

1964年東京オリンピックのころ [お父さんの昔話]

 1964年10月10日

今からちょうど50年前
私は15歳、中学3年生のときでした。

夢の特急列車(新幹線)が走る様子を
テレビ中継で見たのはこの数日前のことでした。

あの日テレビで見た国立競技場、とてもきれいに
晴れ上がった青空のもとでの開会式は今も記憶に残っています。

ですから
その後も体育の日は絶対晴れると思ってしまうのです。


しかし[exclamation]

あのころは白黒テレビが普及したころで
まだまだカラーテレビなんてなかった時代です。

あのときテレビで見た白い空が、頭の中で
50年の間に青い空に変わってしまったのでした。


記憶なんて
いい加減なところがあるもんですね~[わーい(嬉しい顔)]

 

中学3年生のころは、ビートルズや
ローリング・ストーンズの曲が流れてきたころですが
友達の家で初めて聴いたビートルズのレコード、外国には
こんないい曲があるんだとすぐにファンになってしまいました。

あのとき衝撃を受けたビートルズ初期のヒット曲

しかし1年もしないうちリバプールサウンドに飽きて
ビートルズに興味がなくなってしまいましたが
世の中はビートルズ人気が大爆発[爆弾]

ビートルズにすぐに
飽きてしまった私は変人なんですかね~[ふらふら]


nice!(37)  コメント(10) 

2年ぶりに風邪です [お父さんの昔話]

しばらく沈黙していました。

先週の木曜日の夜中に突然baikin_genki.png
体調がおかしくなってしまいましたが
風邪くらいで病院なんて」と思って
市販の風邪薬を飲みながら
仕事も休まないでなんとか頑張っていました。

もう10日も過ぎたのに
まだ少しおかしいのですが
それでもだいぶ良くなってきたところです。

 

風邪をひくと子供のころを思い出します。

故郷は夏の間
一日に2~3本のオンボロバス(宗谷バス・本社稚内市)が
走っていましたが、冬季間は大吹雪などの積雪のために
雪が解ける4月の中頃までは陸の孤島になってしまいます。

病院に行こうにも、国鉄の駅まで雪道を4キロ。gaiyo_map.gif
1時間かけて歩いてそれから汽車に乗って
病院のある浜頓別町まで約30分かかります。

そんなことで風邪をひいたくらいで
病院に行くなんてとんでもありません。

親が富山の置き薬を出して

これを飲んでおとなしく寝てろ~[exclamation]

不思議なことに
富山のクスリを飲んで寝ながら大量の汗を出すと
早く熱も下がってカラダが楽になったものです。

そうやって半日も布団の中で汗をかいて楽になったら
腹が空いてきて「腹減った~[exclamation×2]」と言いながら
布団から出ると、親もようやくホッとした顔になります。

40度以上の高熱が出るんだから
普段はあまり心配そうな顔を見せない親だって
内心はすごく心配していたんだろうと思います。

それから晩御飯を食べてまたクスリを飲んで寝て
朝になったらすっかり回復していました。

しかし、いま同じことをやろうとしても
あのころのように、布団の中でどっぷり
汗なんかかいたら気持ちが悪くて寝てられません[ふらふら]



今の親はちょっと熱が出たくらいで
心配してすぐに病院に走ります。


世の中の若い父親母親へ

k-90.gifかわいい子供の熱が少し
上がったからってすぐに病院を頼るな。

そんなことだから医者は外車に乗ってるのに
健保は赤字だと騒ぐんだ~~~ぁ
[exclamation×2]

もちろん最後はジョークです[わーい(嬉しい顔)]


nice!(39)  コメント(22) 

子供達の生まれたころ [お父さんの昔話]

子供たちの生まれた日の記念の新聞を
子供たちが大きくなったら見せて
あげようと思って大切にとっておきました。

娘の生まれた昭和57年9月

P8120009.JPG
P8120001.JPG
P8120002.JPG
P8120003.JPG
P8120012.JPG

 

みんな若いですね[わーい(嬉しい顔)]

さらにそれより4年前。

息子の生まれた昭和53年5月

長い闘争のすえ一番機が飛びました。

P8120002.JPGP8120005 (2).JPG

 

最近亡くなった理事長は現役のバリバリ

P8120006.JPG

巨人のスタメン
柴田・高田・張本、そして4番は王さん
長嶋さんは引退していたようです。

中日は大島・谷沢・木俣・宇野


いやいや懐かしいですね~

P8120007.JPG


私はこの人が大好きだったんです。

P8120005.JPG


こちらの人も大好きでしたが
この人は当時私が勤めていた会社の
ホワイト石鹸」の広告に出ていました。


40年頃前の
クリームみたいな石鹸」って
テレビのコマーシャルを覚えていますか?


P8120006 (2).JPG

みなさん[exclamation×2]

広告に出ている俳優さんの
名前をスラスラと全部言えますか[わーい(嬉しい顔)]

 

 


nice!(34)  コメント(18) 
お父さんの昔話 ブログトップ