So-net無料ブログ作成
黒い玉手箱 1970年映画 ブログトップ

映画の思い出 [黒い玉手箱 1970年映画]

今日は「黒い玉手箱」から5.jpg

思い出の映画の半券を

出してみました。

私が高校を卒業して

愛知県に行ったのは

1968年(昭和43年)。

 

時々名古屋市に遊びに行き、映画館の前を通ると
大音量で「卒業」のテーマ曲サイモン&ガーファンクルの
サウンドオブサイレンスが聞こえてきます。

ラジオで聞いててもいい曲だと思っていたのですが
あの物悲しい曲を映画館の大きなポスターを見ながら聞くと
ジーンと胸にきてしまい
北海道に帰りたいとホームシックになったのを思い出します。

そんな私もそれから1~2年後、映画や音楽の大好きな友人が
出来た影響で、時々映画館や音楽会に行くようになりました。

その中でも一番思い出に残っている
映画「ひまわり」の半券を大切に保管してありました。

ちょっと記憶を頼りに簡単にストーリーを

妻(ソフィアローレン)が、戦争が終わっても帰らない夫を捜し求めて
ソ連のあちこちをまわり、ようやく夫に会えたと思ったら、極寒の原野で
倒れていた夫を助けてくれた、ソ連人の女性と結婚して子供もいたのです。

img001 (2).jpg

夫に会えたところで映画が終れば
「水戸黄門さま」のドラマのように(めでたしめでたし)なのですが
この映画はここからが本番、3人の愛と苦悩の長い物語が始まり
最後まで悲しいまま映画が終わってしまいました。

 

007シリーズの「ダイアモンドは永遠に」この映画は、これから始まる
映画を待ちながら、ワクワクしてスクリーンの目の前で聴いた
シャーリー・バッシーの歌声が素晴らしかったので忘れられません。

映画館の音響装置もすごく良かったのでしょう。

そして映画館のハシゴもしました。

ある愛の詩」と「狼の挽歌

だったと思いますが、「狼の挽歌」以来すっかり
チャールズ・ブロンソンのファンになってしまいました。

無口でカッコ良くて、日本の俳優で言えば高倉健のような感じです。

ドライブやパチンコ、ときどき飲み屋通い、ミュージックは
ローリングストーンズなど中心の生活から「ポールモーリア」などの
コンサートそして映画館に行ったりと、音楽と映画に目覚めたころでした。


nice!(19)  コメント(18) 
黒い玉手箱 1970年映画 ブログトップ