So-net無料ブログ作成
検索選択
黒い玉手箱 伊豆へ自転車で ブログトップ

走れ東海道・静岡編 [黒い玉手箱 伊豆へ自転車で]

昔話 自転車旅行 第1話  1968年(昭和43年9月)

前回
国鉄の列車で愛知県から旭川まで
往復した話をしましたが、今回はその1カ月後
愛知県から箱根峠を通って伊豆まで自転車で
走ったことを思い出しながらチラッと書いてみます。

5.jpg
 
上の写真の黒い箱(黒い玉手箱?ガラクタ入れ?)の中に
その時の思い出になった古い写真が2枚入っていました。
 

このサイクリングは
夏休みを利用して行ったのかと思っていましたが
写真の裏を見ると、昭和43年9月と書いてありましたので
9月にまとまった連休があったと思われます。

連休に入る直前に、友人が退屈なので自転車で
どこかへ行こうと誘いがあったので即決まったこと。
まったく無計画、走れるところまで
走ろうというサイクリングだったのです。

それでは昔話を始めます

1968年(昭和43年9月) 私が18歳か19歳のとき

出発して間もなく、反対側から走ってくる
自転車に乗ってる人がこちらに手を振るので私と友人が
誰なんだろうと、きょとんとして顔を見合わせました。

次に出会った自転車の人もこちらに向かって手を振ります。

ここでようやく二人とも
ああサイクリング同志の挨拶なんだと気がついたのです。
そんなマナーも知らないで、最初の人には失礼してしまいました[ふらふら] 

浜名湖も過ぎたあたりから
私は疲れてきて少しずつ友人が先に先にと走るようになります。

友人は高校時代からマラソンの選手だったようで
その後も毎日のように走りこんでいましたが、私は短距離は得意なのに
マラソンは苦手でいつもビリのほう、こういうときにその差が出てきます。

やがて浜松あたりから足もつって大変でしたが
とにかく泣き言を言ってられないので、遅れながらも走りました。

自転車というとのんびり走るイメージですが
休憩もろくにとらないでとにかくビュンビュン走るだけです。

自転車にスピードメーターが付いていたのですが
下り坂になるとすごいスピードが出て、時速60キロくらいになると
怖くなるので、ブレーキをかけながら走ったのを思い出します。

何も考えてるヒマのないハードなサイクリングでしたが
そのときに通過した掛川市、島田市、藤枝市など一番辛かった
コースにあった地名は今も忘れたことがありません。
あちこちにお茶の畑があったので、お茶の香りがした覚えがあります。

 

88.jpg

それがお茶畑なのか
お茶の工場だったのかも覚えてませんが
とにかく気持ちがほっと一息できるような香りでした。

そんなひどいサイクリングも、夕方になって
ようやく一泊目のテントを張って無事に終わります。


そのときのキャンプ地は静岡県清水市の三保の松原でした。

 

1968(昭和43)年9月・三保の松原で

img002 - コピー.jpg

地図ソフトで距離を調べてみると
この一日で180キロ以上走ってるので
北海道でいうと、北見から旭川を超えて
深川あたりまで走った距離になります。

(参考ですが、毎年行われるオホーツクサイクリングは
雄武町から斜里町まで1泊2日で212キロを走行します。)

名古屋の近く岡崎市から国道1号線に入り
静岡市を過ぎてから、清水市で国道1号線を出て
一泊目の三保の松原に向かったようです。

512px-LineMap_TokaidoS_jp.png

国道1号線(旧東海道)は東京と大阪を結ぶ日本の大動脈。

おまけに炎天下の強行サイクリングで疲れきってしまって
ふらふらしながらテントを張った記憶があるのですが
あの有名な三保の松原や富士山を見た記憶もなにも残っていません。

そんな風景なんか楽しむ余裕のない一日目でした。

 2日目

一晩寝ると体力も足も回復、清水市内に戻ってまた国道1号線に入り
駿河湾を富士市、沼津市と走り、そしていよいよ三島市に到着。

三島市に着いてまもなく緩く長い坂道を見たときに
今までになかった緊張感を感じたので忘れられないところです。

いよいよ箱根や熱海が近くなった嬉しさ
そして1号線最大の難所、箱根峠が待っています。

箱根峠は私のブログタイトルの
仁頃山(829m)より少し高い標高846mもあるのです。

サイクリング旅行の1回目終わり

 


nice!(14)  コメント(2) 
共通テーマ:日記・雑感

走れ東海道・箱根編 [黒い玉手箱 伊豆へ自転車で]

昔話 自転車旅行 第2話   1968年(昭和43年)9月 

(  注:今日の画像は全部ネットから借用したものです )

第1話は静岡県三島市に着いたところで話が終わりましたが
今日はその続きを、思い出すところだけ書いてみようと思います。

いろいろなことを思いだして考えてみたら
仕事が5連休だったので、
4泊5日の日程内で伊豆大島を目指して
行ける所まで行こうという
考えだったのでないかと思います。

1日目は静岡県内を頑張って走ったので、2日目は伊豆半島の付け根にある
沼津市や三島市を過ぎて、いよいよ箱根峠がすぐそこまでというところです。

 2日目の走行ルート

三保の松原⇒三島市⇒箱根峠⇒熱海市⇒[船]伊豆大島                 

                                                                                                 1日目は170キロ以上走り、2日目は三保の松原から三島市までまだ
60キロ弱しか走ってないのでこの日はまだまだ体は元気いっぱい。

友人と二人で箱根峠を目指して走り出しましたが
やはり箱根峠に向かう道は上り坂の連続で途中から
自転車に乗っての走行は無理になったので押して歩きました。

箱根峠を越えるということは予想通り
大変なことだと思いながら自転車を押して歩いてるそのときに

思わぬ味方が現れました

なんと追い抜いて行く車[車(セダン)]の助手席から次から次と                                   

頑張れ~!  頑張って~!」と声がかかるのです。

対向車線を走ってくるトラックの高い運転席からも
窓から顔を出して激励の大きな声が聞こえます。

もうこんなに応援されて元気が出ない訳はありません                                      

思ったよりも早く箱根峠に着いてしまったようです。

着いた~

2年前、高校2年生の修学旅行で訪れた箱根に
今度は自転車で来ることになりました。

1.jpg

このあたりからまた記憶がないのですが
いま改めて地図を見てみると、
熱海市まで最短距離(約20キロ程)を
走ったと思いますので、
たぶん十国峠を走り熱海市に行ったのでしょう。

 自転車旅行の2日目、無事に箱根峠を越えて
熱海市に向かう途中ですが、続きはまた次回にしたいと思います                                                                        


nice!(14)  コメント(4) 
共通テーマ:日記・雑感

走れ東海道・伊豆大島編 [黒い玉手箱 伊豆へ自転車で]

昔話 自転車旅行 第3話 1968年(昭和43年9月)

愛知県を出発して2日目
箱根を出発して、最終目的地の伊豆大島に行った思い出を書きます。

前日の早朝に愛知県を出発して2日間、約260キロから270キロ程走り
ついに熱海市に到着、それからすぐ大島行きの船に乗ります。

思い出といっても箱根から熱海までの様子はまったく思いだせなくて
覚えているのは熱海市から伊豆大島に向かう船の甲板
友人と2人で大島が見えたときの風景やなんとも言えない心境などです。

伊豆大島(ネットから借用) 

1.jpg

あのときは熱海から少し曇っていて暗い感じの大島に見えましたが                     船から島を見てるときの雰囲気としてはこの写真のようでした。

そしてついに目的地の伊豆大島に上陸
海岸の近くで2日目のテントを張ります。

こうやって思いだしてみると
たった2日間で炎天下の国道1号線をよく走ったものでした。

 
記憶がほとんどないなかでも、すごく嬉しかったことや嫌なことは
忘れないもので、このキャンプのとき大きな石に足を
思い切りぶつけてしまい、痛いと思って親指を見たら
爪がぐらぐらしてほとんど全部はがれそうな状態になっていました。

抜こうと思えば抜けたのでしょうが、気持ちが悪いので
そのまま布か何かでしっかり固定してそのまま旅を続けます。

しばらくしてから爪がそっくり剥がれて、その後何カ月も
しないうちに新しい爪が成長してすっかり元通りになりました。

3日目の朝大島元町港で熱海市に戻る船を待つ私。

05.jpg

 

目的地の大島も見て、船でまた熱海市に戻りますが
ただ走るだけの旅行でしたので箱根、熱海、大島などほとんど素通り
今思うとせっかく行ったのにと残念な気持ちもします。

みなさんにもっと詳しく伝えたいのですが
ほんの少しの記憶と、古い写真が2枚残ってるだけなのです。

それでは次回(自転車旅行の最終回)
帰り道の様子もぜひ読んで下さい。
             


nice!(11)  コメント(2) 
共通テーマ:日記・雑感

走れ東海道・最終回 [黒い玉手箱 伊豆へ自転車で]

昔話 自転車旅行 第4話 1968年9月(昭和43年)

この思い出話                                           前回は目的地の伊豆大島まで行ったところまで書きましたが                      今回は最後の様子を覚えてることだけを書いてみます。

(今日の写真は全部ネットから借りました)

愛知県を出てから3日目

伊豆大島から船で熱海に戻り
また同じルート(たぶん十国峠)を自転車で箱根に向かいました。
 

この日は船が出る時間も遅かったせいか
箱根に着いたら
もう午後のいい時間になっていたようです。

2日続きのテント宿泊が飽きたのか、それとも時間に余裕が出来たのか
この日は早めに宿を探して、箱根をし見物してのんびりすることに。

たしか国民宿舎のような安い旅館だったと思います。

友人と二人、大広間のようなところに寝かされた記憶がありますが
とにかく自転車での貧乏旅行では唯一のぜいたくで、明るいうちに
ゆったり温泉に浸かって、汗臭い体をきれいさっぱりしたことを思い出します。

4日目

この日はもうただ帰るだけ、と言っても愛知県のゴールまで                240キロ前後あるのでもう一泊の予定だったと思います。

大.png

温泉に入ってのんびりしたのと体も自転車に慣れてきたようで
この日は快調に国道1号線を走りますが、箱根を出てから夕食のために
ドライブインに
入るまでの間のことは何も覚えていません。

(なぜドライブインのことだけを覚えているかは後で書きます)

そのときの思い出がないものかと調べたら
1枚の入場券(静岡市 登呂遺跡)を見つけたので
もしかしたら
その時の?と思ったのですが、この自転車旅行の
2年後(昭和45年)にクルマで行ったときのもののようです。
                                 

登呂遺跡なんてだれと行ったのかも思いださないのですが
このときの入場料が20円となっています。

下の入場券は私の保管してあった42年前のものです

小.jpg

ここで(静岡県のどこかの街)嫌なことをひとつ思いだしました。
友人が信号待ちで横に並んで停車中のタクシーの横にぶつけてしまい
少しのキズでしたが後でいくらか払ったのです。

その後は静岡県内を快調に走りましたが
ゴールまでは
まだまだ240キロほどの距離があります。

途中で4泊目のテントを張るのが面倒になったのか
早く帰りたくなったのか覚えてないのですが
このまま夜通し走って、翌日の朝までにゴールしようと
したようです。

浜名湖の近くで 27542143_v1340895162.jpg                      

夕食のためにドライブインに入りました。

旅行中の食事はどうしていたのか

覚えてないのですが                            

このドライブインで食事したことだけは忘れません。

このドライブインでラッキーなことが待っていたのです

このとき私はもちろんですが、タフな友人もくたくたに疲れていました。
夕食時間のドライブインの中は大型トラックのドライバーなどで
混んでいたので、他の人達がいる同じテーブルに着きます。

そのとき一緒のテーブルの運転手さんと
いろいろ話をしながら
ご飯を食べてたのですが、私たちの疲れた様子が
可哀想だと思ったのか、
1号線を大阪まで走るしトラックは空だからと
途中まで
私達と自転車を乗せてもらうことになったのです。

1.jpgこうして夕闇せまる浜名湖を

大型トラックの助手席から見ながら

旅の最後は親切な運転手さんの

おかげで大変楽なドライブに

なってしまったのです。

そして岡崎市でこの運転手さんとお別れして思い出深い国道1号線を出ます。                                    

岡崎市まで来ればあと15キロほどでゴールですが                          

国道1号線を出たらすごく寂しくなった感じがしました。                         

それだけ日本の大動脈国道1号線は賑やかだったのです。

このときのことはぼんやり覚えていて夜の10時か11時ころで
なかったかと思いますが、
岡崎市内を走りながら今日中に帰れる」という
安堵の気持ちと、
まだ住みついて5カ月なのに4日も離れるとその街が
もう
恋しくなって、ああやっと帰れるんだという気持ちで走っていました。

こうして親切なトラックの運転手さんの
応援(60キロほどの距離)もあって、この日箱根から240キロ程の
距離を走り抜いて、
高校を卒業してから5年と3カ月お世話になった街

愛知県豊田市に到着 

たった一度だけの貴重な自転車の旅が終わりました。


nice!(17)  コメント(2) 
共通テーマ:日記・雑感
黒い玉手箱 伊豆へ自転車で ブログトップ