So-net無料ブログ作成
検索選択
お父さんの故郷 ブログトップ

北オホーツク海沿岸 [お父さんの故郷]

私が北見に住みついたのは24歳のときですが
生まれ育ちは北見よりもずっと北の宗谷地方の漁村。

オホーツク海側なのですが、こちらとは随分気候が違って青空が少なく
夏も涼しく、子供の頃の記憶でも暑かった思い出がほとんどありません。

冬は吹雪の日が多くて
天気が良くなるのは流氷が接岸したときだけです。

若いころNHKの報道スペシャルみたいな番組で
村の様子が1時間ほど放送されたことがありましたが

そのタイトルが
ブリザードの村

子供のころから
冬は吹雪が当たり前と思ってましたが、そんなタイトルで
全国放送されるくらいなので、
やはり大変な冬だったのです。

私の故郷ではロシア放送がよく聞こえ、いつもいいミュージックが
ジャンジャン流れていて天気がいいとサハリンも見えます。

オホーツク海側の国道を北上して

宗谷管内に入ると風が強いので所々こういう風景が見れます。

14.JPG

夏は晴れると直線道路と青空とオホーツク海が
本当にさわやかで
気持ちがいいドライブコースになります。                            

おととしの夏、北オホーツク浜頓別町近くで

12.JPG13.JPG

このときは快晴でしたが、こんな天気は珍しい北オホーツクの海岸でした。


nice!(11)  コメント(8) 

続・北オホーツク海沿岸 [お父さんの故郷]

先日は私の故郷の「ブリザードの村」の話を書きましたが
ネットで検索してみたら、その10年以上後に
また違うタイトルで村の様子が放送されたらしく

今度の番組は

NHK特集「ブリザードが村を襲った」というタイトルで
1988年2月に放送されたらしいです。                                

番組内容案内をみると

2月の初め、北海道最北端の村を襲った風速20メートルを超す                    ブリザードは国道を寸断し村を孤立させた。地元の人たちの戦いを伝える。

というものでしたが
私はこの放送は知らなかったので見ることができませんでした。

国道を外れるとどこまでも直線のいい道路がありますが
人に知られてないこんな田舎道も
夏になるとライダー達がどこで情報を得るのか結構通ります。

いつか北オホーツク方面に行く予定のある方は
ぜひ通ってみて欲しい道路です。

まるで自分のためだけにあると
錯覚をするような雰囲気で、
ここで夕焼けなんか見たら大感激するでしょう

3.JPG

寂しい北のオホーツク海、だいたいこんな天気が多いので
なかなかきれいな写真を撮ることができません。

ここにも風車があります。

1.JPG

神秘的なカムイト沼

国道から外れているので、いつも寂しい雰囲気が漂っています。

5.JPG

今年も夏になったら遊びに行く予定なので、あちこち写真を撮って
ブログに載せようと思っていますが、なかなかきれいに晴れてくれません。

風景ばかりでなく、天気まで荒涼としている北オホーツク海沿岸です。                          


nice!(10)  コメント(6) 

スピード出し過ぎてしまいました [お父さんの故郷]

お知らせ ブログ村に登録しました

昨日から女房の兄と父親が札幌から遊びに来てくれて
夕べは北見に住んでる娘夫婦も加わって賑やかに夕食。

そのあと明日は入れ替わるようにして
最近私の記事の舞台になることが多い、埼玉県川口市から兄が来ます。

そして私は昨日(13日)国道238号線を走って
故郷北オホーツク最北の村まで行ってきました。

朝4時40分オホーツク海の日の出(雄武町と枝幸町の中間で)

P8130007 - コピー.JPG

あちこち風景を写して記事にしようと思ったのですが
この写真を撮ったあとはずっと雨降り
ブログの記事ネタもないままでは悔しいのでこんな話を。

雨が降り出す前は道路(国道238号線)も渇いていて
クルマは少なく信号もないのでついついスピードがでます。
常時時速90キロから110キロ
これだけスピード出していてもさっぱりスピード感がありません。

そのうち120キロになったのですが
若いころ名神高速を130キロで走ったことを思い出しました。

どうせならもう少しと思って、130キロになり
そして132キロになったところで怖くなって減速。

こんなこと書いて「プー太の父さんいい歳こいて危ないよ~」
言われそうですが年に一度、故郷に帰るときの楽しみなのです。

帰り道の238号線 紋別市も雨でした

P8130020.JPG

nice!(14)  コメント(4) 

孫も一緒に墓参り [お父さんの故郷]

私の昔話をずーっと読んでくれてる方は、いつも父の話ばかりで
母が出てこないと思ってる方も多いと思いますので少しお話します。

私が2歳、弟は生まれて間もない頃
両親が別れることになって兄だけが母の元に残り
私と弟はそれぞれ違うところにもらわれていくことになりました。

私をもらってくれた家では5人家族となりましたが
私を可愛がってくれた育ての母が4歳のとき病死、小学生のころ

祖父と祖母も他界してからは、ずーっと育ての父と二人の生活でした。

祖父も私を可愛がってくれたので、ときどき同じ布団で
一緒に寝ていたのですが、小学3年生のときのある朝
私の横で静かに息を引き取っていました

祖母は私が悪戯をしたら、鬼のような顔をして
追っかけて来たこともあるくらい恐かったのですが
病気になって寝たきりになってからは、すっかり人が変わってしまいました。

気も弱く優しくなってしまって、私が家を出て遊びに行こうとすると
どこへ行くんだ~と心配そうに言うのです。

私が小学5年生のとき、祖母のカラダも弱り、布団から起き上がることも
話すこともなくなった頃、私の名前を読んだのです・・・

 

そして草履(ぞうり)を持ってきてくれ~

ちょっと気味が悪くなったので、父にその話しをしたら

あぁもうダメだな~と言いました。

父の言うとおり
長い間寝たきりの祖母は、その日のうちに息を引き取ってしまいました。

実の母は兄の住む川口市の墓で眠っていて、弟は旭川市に住んでいます。

そんなわけで私のブログに登場する父は、育ての父であり
川口市の話になると、実の兄と墓で眠る実の母の話になるのです。

お盆8月15日

娘婿の買って間もない7人乗りのクルマで
育ての両親と祖父祖母などが眠る、故郷の墓参りに行ってきました。

img001.jpg

クルマの前席では息子と娘婿が仲良く談笑してにぎやか
真ん中の席では、娘が初孫(昨年の暮れ誕生)の面倒を見ています。

一番後ろの席では私と女房が、いつものように口げんかしいしい座っています。

親がこんなにしょっちゅう口げんかしながらも
子供たちはみんな仲良く、親に似ないで本当に良かったと
思ったりしながら、孫の顔を見ながらの楽しいドライブになりました。

息子の嫁さんだけがお盆も仕事で、一緒に行けなくて残念だったのですが
時々我が家で、みんな揃うと本当に楽しいものです。

P8150009.JPG

北見市からオホーツク海側を120キロほど北に向かうと興部町
みなさんこの町の名前を読めますか?

おこっぺと読むのです。

P8150045.JPG

P8150044.JPG

 

娘がここのソフトクリームが食べたいと言うので
道の駅に寄って私も食べてみましたが、本当に美味しいソフトクリームでした。

さらに北上すると枝幸町、この町から宗谷地方に入ります。

P8150036.JPG
P8150034.JPG
P8150038.JPG
 
それからまた1時間近く走ると日本最北の村、故郷猿払村に到着。
 
私を育ててくれた父やご先祖さまに孫が出来たことを報告。
 
墓参りを済ませ、親戚や高校時代の
親友のところに顔を出してから猿払の道の駅に到着
 
P8150035.JPG
 
 
村は私が子供の頃
ニシンもホタテも獲れなくなってすごく貧乏村だったのですが
 
ホタテの稚貝を放流して育てる漁業に
方針転換してから、すっかり生きかえってしまいました。
 
レストランもホタテ料理がメインです
 
P8150019.JPG
P8150023.JPG
 

ホタテの他にオススメは牛乳

この村の牛乳は、おそらく日本一でないかと思うくらい美味しいのです。
みなさんもここを通ったら、ぜひ牛乳を飲んでみてください。

たぶん、さるふつ牛乳は最高だ~と言うでしょう。

P8150025.JPG

 

最後はふるさと自慢になってしまいましたが
こうして初孫も一緒に、北見市から故郷まで往復550キロほど
日帰りで墓参りに行って、夕方6時頃我が家に着きました。

家の横で、朝早くから置き去りにされていたプー太が
心細そうな、なんとも言えない顔をして待っていました。


タグ:墓参り
nice!(24)  コメント(16) 

故郷の海底ケーブル [お父さんの故郷]

 

皆さんこれが最後です
さようならさようなら

終戦から5日後の1945年8月20日
樺太(サハリン)の真岡(ホルムスク)で、迫り来るソ連軍の前に
死を覚悟し交換台に向かった9人の女性たちの最後の言葉。

この通信はサハリンから
延長約160キロの海底ケーブルを伝わり、北海道で受信されました。

その地がこの北海道新聞の1月4日の記事に出ていました。

孫社長の知恵袋と言われる嶋社長室長

P1040007.JPG

P1040006.JPG

今も海底ケーブルはそのままに

なっているのですが

ソフトバンクがこのケーブルに

着目してサハリンから北海道に

電力を送る構想があるというのです。

 

今までだれも見向きもしなかった

この古い海底ケーブルに

目をつけるなんてすごいことで

さすがソフトバンクだと

驚いたのです。

 

 

さてさて本題に入りますが

この写真の地海底ケーブルがあったところは、いつも昔話に
出てくる私の故郷、そして私が育った家の隣なのです。

子供のころケーブルを見るたび不思議に思いました。

普段は砂に隠れて見えないのですが
年に1度か2度の台風並みの大シケのあと、太さ10センチ以上もある
ケーブルが顔をだすので、それがとても神秘的に感じられたのです。

ここは我が家の庭と同じようなものだったのですが
ちょうどこの写真のケーブルの記念碑のところから海岸に向かって
緩やかな坂になっているので、子供のころ冬はよくスキー遊びをしました。

02.jpg

先日記事にしたこの写真は新聞の写真とほぼ同じところですが

帆かけ舟の写真から60年、眠ったままの海底ケーブルを利用して
サハリンから北海道に電力を送るというソフトバンクの構想
なんとか実現してほしいものです。

(北海道新聞の記事を参考にさせていただきました)

 

 

 追記

あとでもう一度新聞をよーく読み直してみたら、このケーブルを参考に
稚内とサハリンを結ぶ新しいケーブルを作る構想のようです。

スミマセン[ふらふら]
記事を良く最後まで読まないでしまったので、勘違いのようでした

 

 

 

 


nice!(36) 

猿払中継所 [お父さんの故郷]

久しぶりに昔話です。01.gif

故郷は小さな漁村。

小学低学年のころは
小さな子から大きな子まで
みんな一緒になって遊んでいました。

夏場の遊びは、缶蹴り・野球・魚釣りなどが主です。

 

61年前、私が小学1年のとき。 

2歳年上の良ちゃん
5~6歳年上でガキ大将のただおちゃん
ただおちゃんの小さな弟のケンちゃんはまだ4歳

大きい小さいは関係なく、み~んな
○○ちゃんと呼びあって仲良く遊んでいたものです。

 みんな仲良く魚釣り

img001 (2).jpg
 
 

右は仲良しだった2歳年上の良ちゃん。

左の丸坊主はてっちゃん、後のプー太の父[わーい(嬉しい顔)]

img001 - コピー.jpg
 
 
私の隣に座っている良ちゃんの妹
名前はたしかマチコちゃんだったかな。
当時の少女の髪型の定番キノコカット?なんですが
この写真ではちょっとわかりずらいですね。
 
img001 (3).jpg

当時はわが家の目の前に
電電公社(日本電信電話公社・現NTT)の
猿払中継所とその家族が住む官舎があったので
仲良くしていたのはおもにその子供達でした。
 
しかし電電公社は転勤が多いので
ときどき遊び仲間も入れ替わったりします。
そして私が中学生になるころには
中継所がなくなってしまったので、仲良く
遊んでいた仲間達は誰もいなくなってしまいました。

 
樺太と北海道を結んだ海底ケーブルと
電電公社・猿払中継所跡の記念碑
10 樺太間の電話線の跡 - コピー.JPG
 
 

この記念碑のすぐ目の前、この空地に
漁師をしていた父が自分で建てた家があり
ここで私が高校を卒業するまで住んでいました。


天気のいいいときには
わが家から樺太(サハリン)の島影が
見えましたが、父もその樺太から
逃げるようにして北海道に渡った1人でした。

09 浜猿払の家の跡 - コピー (2).JPG

 


私が生まれる15年前

1934年・12月

樺太(サハリン)と北海道を結ぶ
海底ケーブルが猿払のこの場所に完成
樺太・札幌・東京と通信網が広がりました。

その海底ケーブルを通しての
大事な中継の役割を果たしたのが
私の家の前にあった猿払中継所だったのです。

太平洋戦争時、樺太の北はソ連領南が日本領
戦時中としては比較的穏やかだったようですが
終戦を告げた玉音放送から数日後、日ソ不可侵条約を
一方的に破棄してソ連軍が日本領へ侵攻してきました。

 

広島に原爆を落とされた2週間後

1945年・8月20日

海の向こうの樺太・真岡郵便局に
勤務する9人の乙女たちの
最後の声を猿払中継所が最初に受信。

 

皆さん これが最後です
さようなら さようなら


ソ連軍の侵攻を前に9人の電話交換手の
若い女性が自決死してしまった悲しい出来ごとは
北のひめゆり」とも言われ小説や
氷雪の門」という映画にもなりました。

ソ連に南樺太を奪われ
樺太との通信もなくなり

国内では通信網の改良などのために
猿払中継所もその必要性がなくなります。

こうして猿払中継局は1964年9月
東京オリンピック開催の数日前
ちょうど30年の歴史に幕を閉じました。

私が中学3年生のときでした。


子供の頃

海がすごい大荒れの後だけ
砂浜が削られて錆びた太いワイヤーが
姿を現すのですが、そんな悲しい歴史があった
海底テーブルだったなんて全く知らないことでした。

 


 
[exclamation]

自分の記憶とネットのチカラを借りて
記事にしましたが、3年ほど前にも似たような
記事を書いたことがあったので重複する部分があります。

なお、稚内市の稚内公園には
1963年に「九人の乙女の像」が健てられ
その当時の関係資料なども展示されていますが
詳しいことはこちら稚内市の観光情報でご覧ください。
[バッド(下向き矢印)]
http://www.city.wakkanai.hokkaido.jp/kanko/gaiyo_rekishi/9ninotome.html

 


nice!(39)  コメント(24) 
お父さんの故郷 ブログトップ