So-net無料ブログ作成

二人目の孫が誕生 [孫のももたん]

生産量CIMG0283.JPG
全国一を誇る北見産タマネギなど
農産物を運ぶJR北見駅発の
臨時列車(通称・タマネギ列車)が
今季の運行を始めました。


例年はお盆過ぎに始まるのですが
今年は北海道に次ぐ全国2位の
タマネギ産地・佐賀県で
病害が流行して九州地方からの
引き合いが強まったりしたので
運行が早まったそうです。

 

タマネギなどの
農産物を11両編成の
貨物で旭川まで毎日1往復。

旭川からは別の貨物や
トラックなどで全国へ向かいますが
来年の4月まで、例年どおり
6万トンの農産物を輸送する予定です。


九州をはじめとする全国のみなさん

寒暖差の激しい北見で育ったタマネギは
栄養がギュギュギューっといっぱい詰まって
美味しいんです。ぜひ食べてくださいね~
[わーい(嬉しい顔)]

 




孫のももたんでしゅうぅぅk-31[1].gif

 

妹の生まれるときが近づいてきたので
アタシも生まれた病院にママが入院。

CIMG0286.JPG



この病院はホテルのようなのでジジもお気に入りですぅぅ。

CIMG0289.JPG


ママは
朝8時半に入院したばかりなのにakachan_bed.png

お昼には妹が生まれました。


きょうからももたん
お姉ちゃんですぅぅ~
k-31[1].gif

 

 


nice!(30)  コメント(40) 
共通テーマ:blog

今年はじめての雌阿寒岳 [雌阿寒岳]

今年はじめて雌阿寒岳に登りました。

夏の登山シーズンたけなわ。
駐車場では今年も本州各地のナンバーを
つけたクルマがたくさん見られました。

この季節は、遠くから来た人たちとの会話も
楽しみですが、この日は四国から来たという
男性4人組の人達と一緒に下山しながら
四国の様子をいろいろと聞くことが出来ました。

みなさんが私よりも少し年上でしたが
元気で北海道の山登りを楽しんでいるようでした。

CIMG0328 - コピー.JPG
CIMG0335 - コピー.JPG
 
CIMG0332 - コピー.JPG
富士山みたい山は雄阿寒岳
左に阿寒湖も見えます。
CIMG0329 - コピー.JPG
噴煙の向こうは去年登った阿寒富士。
CIMG0336 - コピー.JPG

 




お知らせ!

ちょっと用事が出来て2~3日(月~水)
札幌へ出掛けることになりましたので
nice! &コメント欄を閉じさせていただきました。

申しわけありません (*_ _) 



共通テーマ:blog

高速料金特別割引? [プー太と父の日記 2016年]

札幌に行って来たので土産話です。

ちょっと用事が出来たので札幌に
行ってきましたが、img001.jpg北見から札幌までは
片道ちょうど300キロの距離があります。

札幌北見間は
3本の国道があるのですが、どこを
通っても北見まで高速がつながっていません。

帰りは札幌のすぐ近く、江別市の
インターチェンジから高速を利用して
旭川北インタチェンジで高速を降りました。

出口の旭川北の料金所で

3170円ですと言うから
10000円札と200円を渡しました。

お釣りを7000円と30円もらうつもりだったんです。


ところが[目]

8330円のお釣りです」と言って
8330円を出したので、私はにや~っとしたい
気持ちを顔に出さないように、さりげなく
ど~も」と言って、8330円を受け取りました。

ちょっきり1000円多いのなら
まだ話もわかるのですが1300円多いのです。

料金所の担当の男性は
私と同じくらいの年代に見えました。

それにしても、スーパーなどの
レジのように機械がちゃんとお釣りを
計算して出してくれるハズなのに・・・

日頃から高速料金は高すぎると思っているので
お釣りの多い分は遠慮しないでもらっておきました[わーい(嬉しい顔)]

 

 


nice!(31)  コメント(18) 
共通テーマ:blog

Oさんの登山復帰祝 [雌阿寒岳]

仕事のほうは、13日~15日の3日間
楽しみにしていたお盆休みに入りました。

13日はさっそく
雌阿寒岳登山となりましたが、7日に行った
ばかりなので1週間で二度目の雌阿寒岳登山です。

7 - コピー.JPG


しかし
この日は単独登山ではなくて、私に登山の
楽しみを教えてくれた先輩のOさんと一緒です。

以前、ブログ記事にしたことがありましたが

あのときの記事はこちらです⇒2015-11-03

Oさんが大きな病気をしてから驚異的な回復をして
数年ぶりに一緒に登山をすることになりました。

この雌阿寒岳は、私がOさんに14年前
初めて登山に連れてきてもらった山。

私が登山を始めた山です。

この日の登山コースはダラダラ長く人気もない
寂しい阿寒湖畔側コースですが、こちらも
雌阿寒岳らしいダイナミックで雄大な風景が広がります。

 


こちらの登山コースの風景は、荒々しい
雌阿寒岳とは対照的に優しい山姿の雄阿寒岳が主役です。
どちらも阿寒岳として日本百名山になっています

CIMG0369 - コピー.JPG
CIMG0392 - コピー.JPG
 
活火山の雌阿寒岳の中腹からは
激しい火山活動のあった荒々しい風景が広がります。
CIMG0379 - コピー.JPGCIMG0402 - コピー.JPGCIMG0411 - コピー.JPGCIMG0414 - コピー.JPGCIMG0415 - コピー.JPGCIMG0426 - コピー.JPG
 
あまり人と会わない阿寒湖畔側コースでしたが
頂上に着くと、温泉側コースからの登山者で賑やかでした。
CIMG0425 - コピー.JPG
CIMG0420 - コピー.JPG

ささやかですが、ひと口ずつ飲んで
Oさんの登山復帰のお祝いをしました。CIMG0436 - コピー.JPG



手術後の弱々しい
Oさんの姿を見ている私は、もう一緒に山に
登ることはないかもしれないと思っていたので

Oさんの回復祝を兼ねたこの登山は
また特別に嬉しく楽しい登山となりました。

 



注)

今回登った阿寒湖畔側の登山コースは
10年ほど前にOさんと登って以来二度目でしたが
登山道はササも伸びて、木の枝も伸び放題です。

グランドキャニオンのような雰囲気が
あったり、景色はとても素晴らしいコースですが
あまり登る人もいないし、伸び伸びになった
ササのために道を間違いそうなところも少しあります。

雌阿寒岳が初めての人や単独登山の方は
野中温泉付近から登る温泉コースが一番のおすすめ
次がオンネトーの奥のキャンプ場コースがおすすめ。

熊なんかまったく恐くもないという方は
ぜひ阿寒湖畔側からのコースを登ってください。[わーい(嬉しい顔)]



 


タグ:雌阿寒岳
nice!(34)  コメント(12) 
共通テーマ:blog

「ラジオ深夜便」を拝聴? [プー太と父の日記 2016年]

ときどき変な時間に目が覚めて眠れなくなる
ことがありますが、そんなときはあい変らず
NHKラジオの「ラジオ深夜便」なんかを聴いています。

ところが前から、なんか
ひっかかっていることがあるんです。

ラジオを聴いている人たちの便りを
ときどき紹介するんですが

radio_dj_man.png

NHKのアナウンサーに
リスナーの
みなさんが口をそろえて
ラジオを楽しみに拝聴しています」なんて言いいます。

拝聴という謙譲語は、そんなところで
軽々しく使う言葉ではないと思うんです。

まぁ、番組の内容がいいので
感謝の気持ちで丁寧に言ってるのもしれませんが
たかが好きなラジオ番組を聴くだけなのに
NHKのアナウンサーに向かって拝聴だなんてねぇ・・・

 


 

注目![目]

ブログを始めて間もなく5年
牛の歩みですが、みなさんのおかげで
ようやく10,000nice!が見えてきました。


10,000の記念nice!はぜひあなたの指で[わーい(嬉しい顔)]

 

 


nice!(40)  コメント(26) 
共通テーマ:blog

暗い公園のトイレで [プー太と父の日記 2016年]

日没後の暗くなってきた公園

トイレを見つけたので用を
足そうと思ってトイレに近づきました。

トイレの前に立って戸を開けようとしたら
私が開ける前に、すーっと静かに戸が開きました。

うわ~っっっ


誰もいないと思っていたのでびっくり仰天[がく~(落胆した顔)]

中から出てきた女性は黙って何も言わず
顔を隠すように下を向いて
ヒタヒタと足早に私の前を通り過ぎていきます。

私は驚かされて腹が立ちました。


こら~っ33.gif

「顔をあげろ、こっちを向け」

女性は足を止めて
スローモーション動画のように
ゆ~っくり顔をあげて私のほうを見ました。


ぎゃ~っ!
「お・お・お・お化けだ~っ[exclamation×2]obake[1].png

気がついたらベッドの上で横たわったまま
足がドンドンと壁を蹴って恐怖と闘っていました[わーい(嬉しい顔)]





先日の台風7号に続いてこんどは
11号がまた北見を通過しそうです。

昨日、仕事の途中通った川は
台風7号に続く激しい大雨でどこもすごい濁流。
橋まで届きそうなくらい増水している川もありました。


川の近くに住む息子夫婦も昨夜は
両手に荷物をいっぱい持ってわが家に避難です。

 

 


nice!(43)  コメント(30) 
共通テーマ:blog

ローリング・ストーンズ [ミュージック]


昔むかしイギリスのある町で

幼馴染でとても中の良かった二人が
双方の家族の引っ越しで離れ離れになりました。

しかし学生時代にまた偶然に再会。

そのときにお互いの趣味や考えが同じことを
知ってから一緒に音楽活動を始めました。

それが後に世界のロック界を代表する

ローリング・ストーンズの始まり

ボーカルのミック・ジャガーと
リードギターのキース・リチャーズです。


1962年


この幼馴染の二人を中心に
ローリング・ストーンズが誕生
 

ミック・ジャガー

CIMG0193.JPG


キース・リチャーズ

CIMG0196.JPG

 



結成後すぐ、デビューの数か月前に
ドラムのチャーリー・ワッツが加入。

このときチャーリーは
どうせ数カ月から2年くらいで解散するから
という理由でメンバーに入ったそうです。

この3人はオリジナルメンバーですが

1975年にはギターのロンウッドが加入。

それ以来はずーっとこの4人組で活躍。

CIMG0199.JPG

 

とくにキースのファンなんですが
どうですかこの格好良さ

CIMG0109.JPG

このキースはドラッグなどで
世間を騒がせたりいろんなことがありました。

また、演奏中にも
タバコを吸うほどの超ヘビースモーカーです。

そんな不健康そうな生活ぶりから
現役ミュージシャン早死にするベストテンでは
数年間ナンバーワンを維持していました。

その後ナンバーワンの座を降りたとき

あ~あ!なんてこった。これで俺の人生はおしまいだ

この言葉がジョークなのか
本音なのかわかりませんが
キースらしいとても面白いエピソードでした。

うしろ姿がまたいいんです
CIMG0099.JPG



ビートルズは、とかく不仲な話が多く
早くに解散してしまいましたが

ストーンズは結成以来一度も解散することもなく
ロンウッド以外のメンバー3人はすでに
70歳をこえていますが、今も元気に第一線で
頑張っているのは驚異的なことで嬉しい限りです。
 
1966年発売の
黒くぬれ!」 (Paint It, Black)を
聴いてからファンになってしまって

今年はちょうど50年

いまもときどきユーチューブで
迫力あるステージを楽しませてもらっている
ローリング・ストーンズの話でした。


)画像はユーチューブを撮ったものですが
たぶん3年くらい前のものかと思います。
記事の詳しいことはネットで調べました。
 


nice!(40)  コメント(26) 
共通テーマ:blog