So-net無料ブログ作成
検索選択

今朝は冷え込みました [プー太と父の日記 2015年]

プー太1.JPG

しばらくは曇りや雪の日が多く
最低気温がー8度から-15度くらいと
この季節にしては、少し暖かい天気が続いていました。

でもこの冬4回目の吹雪のあと
今朝は久しぶりにスカッとした
北見らしい抜けるような青空になりました。

こんな日は思い切り冷え込んで

この冬の記録を更新

マイナス21.8度になってしまいました。

 

家の前には「ゴミ捨て~ション[わーい(嬉しい顔)]」があるので
いつもお父さんが雪かきをしています。

「これ以上雪が積もったらどこに捨てるの
ゴミと一緒に雪も持っていけばいいのに[ふらふら]

って、お父さんも困っています。

P2040046.JPG

 

家の前の道もだいぶ雪が積もって
大きなクルマが来ると大変、散歩も命がけです[もうやだ~(悲しい顔)]

P2040044.JPG

狭くても歩道があるところは安心です

P2040032.JPGP2040004.JPG

緑のセンターも雪に埋もれてしまいました。

P2040020.JPGP2040011.JPG

 

今日は立春

寒い寒いといっても
昼間はだいぶ日差しが強くなってきました。
もう少しの辛抱です。

寒さに弱いお父さん頑張れ~~~[exclamation×2]


nice!(40)  コメント(16) 

ふるさと銀河線 [読書の話]

あい変らず月に2~3度の図書館通いを続けていますが
先日、ある本が目について「おやっ[exclamation×2]」と思いました。

本の題名は銀河鉄道の惨劇

銀河鉄道なんて宮沢賢治を思い出すのですが
もうひとつ思い出すのは、我が街にあった「ふるさと銀河線

P2070047.JPG

)国鉄が廃止してから
第三セクターとして2006年まで営業を続けていた
「ちほく高原鉄道・本社北見市」の通称ふるさと銀河線
この線路は、北見市から十勝地方の池田町まで走っていました

それで気になって少し頁をめくってみたのですが
最初にこんなことが書いてあったのです。

 

チミケップ湖に幽霊が出る[モバQ]

北海道北見市の南に位置し
観光客もあまり訪れぬ山あいの小さな湖。
冬は凍結し雪に埋もれる神秘の湖にまつわる幽霊伝説・・・

地元ローカル鉄道「ふるさと銀河線」を舞台にしたミステリー・・・


ああやっぱり我が街にあった「ふるさと銀河線」のことでした。
そして舞台はチミケップ湖ですが、半分は北見が舞台かなと
思うくらい北見の地名もよく出てくるのです。

30代のころから、松本清張から始まって
いろんな作家のミステリーを何百冊も読みましたが
北見が出てくるミステリー本には初めて出会ったのです。

上巻を読み終えてこれから下巻を読むところですが
我が家の近くの地名がよく出てくるので身近なせいか
本当のような話に思えてぞ~っとするのでした。

 

黄葉も終わり頃のチミケップ湖

我が家からクルマで30分ほど南、津別町に属し
北海道の3大秘湖とも呼ばれているようです(2010年10月)

 34 - コピー.JPG

図書館から借りた吉村達也さんの「銀河鉄道の惨劇」では
この湖畔のキャンプ地に幽霊が出るという話なんですが
かつて実際、いろいろ悲惨な事故があった湖なのです。

話せば長くなりそうなので続きは次回
銀河鉄道の惨劇」の下巻を読み終えてからにしたいと思います。

今日は話が途中になったので
コメント欄を閉じましたm(_ _)m


nice!(33) 

ふるさと銀河線の続き [読書の話]

 今日は前回の記事の続きです。

北見の近くの「チミケップ湖に」幽霊が出るという
このミステリーも上巻下巻と読み終えました。

P2070047.JPG

 
幽霊事件の方は北見の名物じいさんといわれる
金田老人が大活躍して無事に解決したのですが


最後はとてもドラマチックでした。

人妻だった77歳の女性・岐栄がまだ40代のはじめの頃
20代の独身男性・芹沢と過ちを犯してしまったのです。

それから何十年、物語の最後

岐栄は芹沢との再会を胸に秘めて、ふるさと銀河線北見駅から
東京に向かうのですが、途中の陸別駅では反対側のホームに
逆方向の北見行きの列車が止まっていました。

そして列車の中には・・・なんと!芹沢が

岐栄さん、とうとう会えるんですね、あなたと

あのとき愛しあった芹沢が
岐栄の住むチミケップ湖に行くために
ふるさと銀河線北見駅に向かっていたのでした。

こうして結末は「ふるさつ銀河線陸別駅」で、無情にも
すれ違いになってしまい、会うことは出来なかったのです。

 

この物語の舞台になったチミケップ湖
遠い過去には悲惨な事故もありました(2010年10月)

35 - コピー.JPG 


私も若いころ聞いたことがあったなので
この物語の作者吉村達也さんの文を引用させて
もらって少しチミケップ湖の話をします。


少し昔、近道をするために
冬は材木を満載したトラックがチミケップ湖の氷上を
利用していたそうですが、2日間続いた暖気の後の

昭和31年2月1日

最初に氷上を渡ったトラックの運転手は
いつもと違うような気がしたそうですが無事に通過します。

そして数時間後
別な4人乗りのトラックが氷上を渡ろうとしたのですが
一人だけ、この日は嫌な予感がしたのでトラックから降りて
トラックの後を走って渡りました。

そして運転手も含めた3人の乗ったトラックが走りだしてから
いつもの最短距離から外れて右側にハンドルを切ったあと
氷がズバンと割れて、一瞬に氷の下に消えてしまったそうです。

その後[exclamation]

真夏の夜に湖の上を、トラックがヘッドライトを点けて
悲しそうに「バォーン」とクラクションを鳴らしながら湖岸に
向かう姿を、キャンプする人達が見ているような話もありました。

そして、このトラック事故現場の近くの旅館の
子供さんが湖に落ちて亡くなったり、それからボート事故
そして泳いでいて水死などいろいろ事故もあったようなのです。

そんな悲劇が続いた静かなチミケップ湖(2010年10月)

34 - コピー.JPG

 

ふるさと銀河線沿線で、北見から1時間ほどの
陸別町ではふるさと銀河線りくべつ鉄道として
いまも、駅と気動車を保存して頑張っています。

きっと皆さんも
この陸別町の名を聞いたことがあると思うんですが
冬はときどきマイナス30度を超えて寒さ日本一になる町
 

そして
手が届きそうな気がするほど、空いっぱい星の輝く町

物語のなかで
岐栄と芹沢がすれ違いになってしまった
ふるさと銀河線陸別駅(2008年5月)

25 - コピー.JPG

駅構内を15分ほど運転体験も出来ます(2,000円)。

24 - コピー.JPG

 

こちらは北見駅

ふるさと銀河線が廃止になった後は
網走と札幌を結ぶ石北(せきほく)本線だけになりました。


 06 - コピー.JPG



nice!(39)  コメント(2) 

この冬5回目の吹雪 [プー太と父の日記 2015年]


プー太1.JPG道東に猛烈に発達した
低気圧がやってきて、北見・網走・紋別などの
オホーツク地方はこの冬5回目の吹雪になりました。

でも、いままでの4回の吹雪に比べたら
雪の量も少なく天気も少し回復してきました。

昨日は雪のため一度も散歩が出来なかったので
お父さんに「雪かきで疲れたのに面倒くさいな~k-90.gif」と
文句を言われながら散歩に連れてってもらいました。

もう雪は止んでしまったので安心
1.JPG

しばらく歩いて
隣の町内に着いたころ、また暗くなってきました。
2.JPG

うゎ~大変[exclamation×2]
急に強い風が吹いてきました

4.JPG

お父さん!もう危険だから帰ろ~[がく~(落胆した顔)]
5.JPG

天気が回復したと思って散歩に出たのに
途中で強い風が吹き出して

あわてて家に帰ったらますます強い風が吹き荒れ
すっかりブリザードのようになってしまいました。

明日はまたお父さんの仕事ができました[わーい(嬉しい顔)]


nice!(39)  コメント(10) 

絶煙宣言 [タバコと酒]

早いもので
食後の一服[喫煙]を我慢してから5週間が過ぎました。

そのうち我慢できなくなって
1本や2本は吸うだろうなぁと思って
エコーの買い置きを、捨てないでとっておいたのです。

2箱と15本くらい残っていました

P2070058.JPG

 しかし

もう一人の自分が怒っています。

せっかく1カ月も禁煙したのにいつまでも未練を残すな[exclamation×2]
さっさと捨ててしまえ。バカタレ~k-90.gif

 
そんなこと言われても、高校卒業してから
本格的に吸い始めて、48年の長い付き合い。
なかなか捨てきれませんでした[もうやだ~(悲しい顔)]

でも・・・そろそろ決断しなくちゃ。
出来るだけ健康で長生きもしたいしねぇ~。

それで思い切って全部捨てることにしたんです。

タバコよサヨーナラー[もうやだ~(悲しい顔)]

 

5 - コピー.png 
48年間吸い続けたタバコ
ついに[exclamation]止めました~\(^ ^)/

 

プー太2.JPG
この冬5回目の吹雪から一週間ほど経ちました。

昨日と今日はひさ~しぶりに
きれいな青空が続いてポカポカと気持ちいい天気。

吹雪のあとは、暖かい日が続いているので
道路脇の雪山も解け出して少し小さくなりました。

 少しだけ春が近づいてきました

P2210002 (2).JPG


nice!(43)  コメント(10)