So-net無料ブログ作成
検索選択

正月は読書ざんまい [読書の話]


新しい年も3日過ぎました。

年末年始の連休に入ったら

たまには映画もみたい
そうだ冬のにころ山にも行ってみたい
プー太と毎日3回散歩
ブログの昔話の記事も更新
図書館に行っていっぱい本を借りてくるぞ

なんていろいろ楽しみにしていましたが

映画館は正月なので混んでいるだろう
この寒いのに山登りなんて行くのはやめよー
プー太の散歩も歩道はツルツル滑って危険だから2回
ブログの昔話もまだ手をつけてないし

毎日何をやってるかというと

やっぱりこれなんです。

PC310015.JPG

 

遠ざかるとあまりしなくなるんですが、読みだすと山本リンダ
歌じゃないけどどうにも止まらない状態になってしまって。

作家、脚本家の田中澄江さんの山はいのちをのばす良かったですね

91歳で亡くなったようですが、10代半ばからの登山好きで
この本を書いた89歳のときはまだ山歩きをしていて
高齢になってからも高い山を登っていたというのです。

エベレストに登った三浦雄一郎さんにも驚きましたが
この田中澄江さんもまたすごい元気な人だったのですね。

あれこれ読みすぎたので、もう読書は止めようと思ったところで
森村誠一のサスペンスなんか読みだしたら、これが面白くて面白くて

さすが森村誠一[exclamation]
この人の本は読みだしたら途中でやめられなくなるのです。

もう今夜は止めようなんて思って布団に入るのですが
布団に入ってからもやっぱり続きを読みたくなってしまって
また本を持ってきて布団の中で続きを読んで

そんなことで年の初めは毎日読書の日となりました。

喪中につきコメント欄は閉じさせていただきます

 

 

 


nice!(28) 

故郷の海底ケーブル [お父さんの故郷]

 

皆さんこれが最後です
さようならさようなら

終戦から5日後の1945年8月20日
樺太(サハリン)の真岡(ホルムスク)で、迫り来るソ連軍の前に
死を覚悟し交換台に向かった9人の女性たちの最後の言葉。

この通信はサハリンから
延長約160キロの海底ケーブルを伝わり、北海道で受信されました。

その地がこの北海道新聞の1月4日の記事に出ていました。

孫社長の知恵袋と言われる嶋社長室長

P1040007.JPG

P1040006.JPG

今も海底ケーブルはそのままに

なっているのですが

ソフトバンクがこのケーブルに

着目してサハリンから北海道に

電力を送る構想があるというのです。

 

今までだれも見向きもしなかった

この古い海底ケーブルに

目をつけるなんてすごいことで

さすがソフトバンクだと

驚いたのです。

 

 

さてさて本題に入りますが

この写真の地海底ケーブルがあったところは、いつも昔話に
出てくる私の故郷、そして私が育った家の隣なのです。

子供のころケーブルを見るたび不思議に思いました。

普段は砂に隠れて見えないのですが
年に1度か2度の台風並みの大シケのあと、太さ10センチ以上もある
ケーブルが顔をだすので、それがとても神秘的に感じられたのです。

ここは我が家の庭と同じようなものだったのですが
ちょうどこの写真のケーブルの記念碑のところから海岸に向かって
緩やかな坂になっているので、子供のころ冬はよくスキー遊びをしました。

02.jpg

先日記事にしたこの写真は新聞の写真とほぼ同じところですが

帆かけ舟の写真から60年、眠ったままの海底ケーブルを利用して
サハリンから北海道に電力を送るというソフトバンクの構想
なんとか実現してほしいものです。

(北海道新聞の記事を参考にさせていただきました)

 

 

 追記

あとでもう一度新聞をよーく読み直してみたら、このケーブルを参考に
稚内とサハリンを結ぶ新しいケーブルを作る構想のようです。

スミマセン[ふらふら]
記事を良く最後まで読まないでしまったので、勘違いのようでした

 

 

 

 


nice!(36) 

同級生がやってきた [黒い玉手箱 千葉]

 

黒い玉手箱:愛知県在住時代の昔話(私が18歳から23歳のころ)

中学1年生が(本当は小学生のころからという記憶もあるのですが
煙草は吸う、クルマは運転する、おまけにケンカ早い

前回の昔話で、この同級生のN君が豊田市に遊びに来た話をしようと思ったら
野球の話になってしまってすっかり遅くなってしまいました。

中学の時は一緒に野球に汗を流し

img001.jpg

高校時代はバンドを組んで(ドラムN君、リードギターが私右の写真)

img001 (5) - コピー.jpgimg001 (3).jpg
 
そして高校を卒業
私は愛知県豊田市に就職、同級生は札幌の大学に行きました。

 


トヨタで働くようになった年か2年目のこと、彼が友達と二人で
札幌から豊田市の私のところに遊びにくることになりました。

あのころトヨタの寮では、親や兄弟が遊びに来る時は寮の空き部屋
を貸してくれていたのだと思いますが、私が寮の事務所に行って
事情を話すと、快く部屋を貸してもらえることになりました。

こうして友人たちと私の3人が、布団も3組貸してもらって
きれいに掃除もしてある、きれいな部屋に2泊させてもらったのです。

豊田市から3人で私のポンコツカローラに乗り、N君が運転して名神高速道路を
走ったのですが、時速130キロくらいになるとクルマがミシッミシッと
飛行機に乗ってると聞こえる、空中分解でもしそうな不気味な音がするのです。

しかしそれが限界だったようで、それ以上はスピードは出ませんでした。
行った先は関ヶ原の古戦場などでした。

img001 (4).jpg

こうして寮の計らいで泊るところの心配もなく
学校を卒業してからの再会を楽しく過ごしたものです。

 


 その1年後か2年後

彼は大学を卒業して就職、千葉県に茂原市に住むことになりました。

ある日のこと、私が勤務中に電話だと呼び出されます。

電話の主はN君

すぐ近くまで来てるのでちょっとでもいいから会えないかな~
という電話でした。

当時は私はトヨタの本社工場から移動して、カローラなどを生産していた
上郷工場に勤務していましたが、N君は近くを走る東名高速道路の
上郷サービスエリアから電話をくれたのです。

もちろん私は上司の許可を得て上郷サービスエリアまで走りました。

サービスエリアにいる彼とフェンスを挟んで一般道路側から私と
奇妙な会い方でしたが、
故郷北海道の最北の村に住んでるハズの彼の
お母さんも一緒にいたので私も驚きました。

話を聞くと、岐阜のほうに有名な整骨院があるので
お母さんのために観光がてら岐阜まで行くということなのです。

ほんのわずかの時間でしたが嬉しい出来事でした。

 

それから数カ月(昭和48年3月)

 

広い北海道に比べたら愛知県と千葉県なんか近いものです。

私も東名高速道路、首都高速や京葉道路などを走って
千葉県まで遊びに行き、赤ちょうちんで一杯やったり
あちこち案内してもらったり楽しく遊んできたのです。

img001.jpg

 

さらに4ヶ月後(昭和48年7月)img002.jpg

そしていよいよ私はトヨタを辞めて

北海道に帰ることを決めましたが

北海道に帰ったら、千葉県に行く機会も

なくなると思ってまた千葉県まで走ります。

 

 

千葉県にはこの友人ばかりでなく、現在群馬県に住んでいる
叔母が船橋市に住んでいたので、このときは叔母の家に行くのが
目的だったのですが、叔母の家にお邪魔したり友人に会ったりして
最後の千葉を楽しんできたのです。

このときはトヨタを辞めて北海道に帰る1週間前でしたが
この年は愛知県に住んでいた5年間でも一番暑く感じた年でした。

やっと北海道に帰れると思って、緊張感がなくなって
しまったために余計いつもより暑く感じたのかもしれません。


それからさらに3年後

彼も札幌に転勤になり、札幌のススキノで飲みに行くことになりましたが
このとき二人で入ったスナックで驚くべきことになったのです。

以前に記事にしましたが、あの頃有名だった歌手のマイク真木さんに遭遇
マイク真木さんに、すっかりごちそうに
なってしまうという
忘れられない出来ごとがあったのでした。

何かと思い出の残った同級生の話でした。

 

 

 


nice!(34) 

葛西選手W杯最年長優勝 [プー太と父の日記 2014年]

 今朝の7時の気温ー18度、本格的な寒さになってきました

1.JPG

 

プー太2.JPG「お父さん冬のオリンピックどっちでやるのおぉぉ~」

5 - コピー.pngそっちいぃぃ~」

プー太1.JPG「・・・・???」

 

ハハハ、くだらないですね~[ふらふら]
いいんですよ無理して笑ってくれなくても

今日はすごく気分がいいんですよ[わーい(嬉しい顔)]

私の大好きなスキージャンプ

女子の高梨沙羅選手はW杯札幌2連勝

P1120034.JPG

そして海外からもビッグニュース[exclamation×2]

なんと

男子の葛西紀明選手が岡部選手の記録を更新してW杯最年長優勝

P1120027.JPG

そして今朝のニュースでは、そのあと3位と絶好調
しかも2回目の飛躍は201mのトップで4位から順位を上げたというのです。

私はレークプラシッドオリンピック(1980年)の前から
ジャンプ競技のファンになってしまって、オリンピックやW杯札幌大会など
数少ないテレビ中継を30年以上観続けていたのですが、そのなかでも特に
切れ味鋭い豪快なフォームからカミカゼ・カサイと異名を持つ葛西選手。

頭から足まで、スキー板と一体となった
深い前傾の豪快なフォームは、ずっと世界一だと思っていました。

長野オリンピックの時は、ケガや不調でメンバーから外れて腹の中は
煮えくりかえる悔しさだったと思うのですが、よく頑張ってきたものです。

長野オリンピックのときは日本中大騒ぎになったのですが
私をはじめ葛西ファンは喜び半減、でもこれですっきりしました。

普通の選手なら30歳も過ぎたら引退も考えるところ、葛西選手は
41歳7か月の今も、オリンピックに出て金メダルを取ろうとしてるのだから
超人なのか鳥人なのか、すごい選手としかいいようがないですね。

ソチオリンピックもますます楽しみになりました~


nice!(37)  コメント(6) 

お父さん今日もジャンプ観戦 [プー太と父の日記 2014年]

プー太2.JPG日本のあちこちでいっぱい雪が降ってるのに
北見は今年に入ってから、ほとんど雪が降らなくて
最低気温もー15度からー19度くらいと、平年並みの日が続いています。

この雪は、ほとんど12月に降った雪です

P1190009.JPG

去年は-20度以上の冷え込みの日が多かったので

お父さんは

今年の冬は雪は少ないし、気温もそれほど低くないから楽だなぁ~

って言ってます。

午後3時の散歩、気温はー8度

P1190014.JPG

 

5 - コピー.pngP1190004.JPG

 

プー太早く帰ろ~

ジャンプが始まってしまうぞ~

 

 

お父さんは、今日もスキーの

ジャンプ放送が楽しみなので

午後の散歩は早めに終えて

さっさと家に帰りました。

 

テレビの前でリモコンを持ったまま、NHKの女子のジャンプを観たり
STV(札幌テレビ)の男子のジャンプを観たり忙しそうでした。

同じ時間帯に男子と女子のジャンプを放送するなよ~
少しはジャンプファンのこと考えろ、バカタレ~~~[ちっ(怒った顔)]

 

ってブツブツ言いながらテレビを観てたら
NHKではまたまた高梨沙羅選手が優勝して大喜び。

でもSTVでは葛西選手は優勝出来なかったので

だから同じ時間に放送するなって言ったんだぁ~~~k-90.gif

喜んだり怒ったり、お父さんの忙しいジャンプ観戦でした。


nice!(30)  コメント(8) 

-22度の散歩 [プー太と父の日記 2014年]

 

プー太2.JPG大寒の20日の朝6時、お父さんが外の温度計を見てきたら

5 - コピー.pngウワーッ[どんっ(衝撃)]
今シーズンの記録更新だ~マイナス22度だぞーっ[exclamation×2]

久しぶりに日の出の写真でも撮ってくるか~

 

今年は普通に寒い-15度から-19度の日が続いていましたけど

ついにこの冬初めてー20度を超えました。

こんな日は日の出がきれいなので
お父さんと張り切って6時に散歩に出発しました。

家を出てから15分後、緑のセンターに到着。

写真を1枚撮ったらお父さんは

プー太、父さんは指がしびれてもうシャッターを押すのは無理だ。
これ以上の散歩は危険だからすぐに帰るぞ~

そういうことで日の出を待っていられない
寒さだったので、急ぎ足で逃げるように家に帰ってきました。

 

お父さんは

指の感覚はなくなるし、血は凍りそうになるし
あ~あ、生きて帰れて良かった良かった
[わーい(嬉しい顔)]

夜明け前、午前6時20分、気温-22度
緑のセンターから見た知床方面の空

P1200001.JPG

 

 


nice!(38)  コメント(8)