So-net無料ブログ作成
検索選択

故郷へクルマで帰る 第二話 [黒い玉手箱 帰省]

黒い玉手箱(愛知県在住時代の昔話)

(写真はすべてネットから拝借しました)

前日はまったく寝ないで走り続けたので
二晩目はクルマの中でぐっすり眠ることが出来ました。

1972年8月1日

早朝目覚めてすぐに田沢湖に向かって出発。

走り出して間もなく、私の走っている道路の眼下に田沢湖が見えました。

あまり走らないうちに田沢湖が見えたので
二晩目の車中泊は、たぶん田沢湖の近くの山中だったと思います。

朝早いせいか、もやがかかって湖はきれいに見えなかったのですが
念願だった田沢湖を見ることが出来ました。

田沢湖

1.jpg

田沢湖からは盛岡に向かいますが、この間が山の中の何もない道路で
すごく長く感じて、盛岡はまだかまだかと走った記憶がありました。

そして盛岡からは東京と青森を結ぶ国道4号線に入って、夕方前に青森に到着。

無事に青森に着いたと書きたいところですが・・・[ふらふら]

やはり夏休み最中ということで
北海道行きのフェリーは混雑していて夜中の便に乗ることになりました。

それでも青森まで来ると北海道は目の前・・・ということで

安心してしまって気が抜けたのか、北海道を目の前にして
キーを車内に入れたままドアをロックしてしまったのです。

私も一瞬途方にくれてしまったのですが
このとき近くにいた人が、私の困った様子を見ていて
自分のクルマに戻って道具箱を持って来ました。

昔のクルマはドアの前方に三角窓がついていたのですが
その三角窓の隙間から針金をいれて
三角窓のロックに引っ掛けてロックを解除。

そして三角窓に手を入れて腕を伸ばしたらドアのロックに手が届きました。

こうして親切な人のおかげで難をのがれて
夜中11時50分函館行きのフェリーに乗ることが出来たのです。

41年前の乗船券(クルマとドライバーで5,800円でした)

img001 (2).jpg

8月2日

フェリーの中で三泊目、朝早くついに北海道に上陸しました。

津軽海峡を超えるとあとは故郷まで陸続きなので
気持ちも楽になりますが、函館から故郷までまだ630キロもあります。

それでも自分の運転で北海道を走ることが楽しみだったので
函館を走ってるときは
とうとう北海道に帰ってきてしまったなぁと感無量でした。

img001 (3).jpg

函館市を過ぎると見覚えのある素晴らしい山が見えました。

楽しかった高校の修学旅行
同級生とワーワーキャーキャーと騒いでいたときに
列車の窓から今まで見たことがない山景色が見えたのですが

北海道にもこんな綺麗な山があるんだなぁと
列車の窓からしばらく見とれていたことを思い出します。

あのとき夕陽に照らされた山景色は
とても綺麗でなんとも言われませんでした。

標高はそれほど高くもないのですが、厳しいのにどこか優しい山景色。

それは北海道駒ヶ岳なんです。

駒ヶ岳(1131m)

1.jpg

それから八雲町、長万部町など海岸線を走って洞爺湖が見える頃
たまらなく北海道の牛乳が飲みたくなって
どこかのドライブインで牛乳を飲んだのですが
それは美味くて美味くて、牛乳はやっぱり北海道だと思いました。

心に残る景色が山と湖ばかりになりましたが、やがて札幌が近ずいてきました。

故郷では父が首を長くして私の帰りを待っているのですが
このとき私は札幌に住む親せきのところに一泊する約束をしていました。

そして地図を頼りに道に迷うこともなく札幌の親戚の
家に着いたのですが、なんと[exclamation×2]田舎で待っているはずの父がいたんです。

驚きましたが話しを聞くと
ジッと待ってられなくなったのと、札幌からドライブを楽しむつもりで
故郷から出てきて私が札幌に着くのを待っていたのです。

8月3日

予定では親戚の家に一泊してこの日に故郷へ向かうハズだったのですが
父も来たことだし親戚の子供たちも夏休み、もう一泊することになって
父と親戚親子を連れてドライブに出かけました。

来る時に通ってきた洞爺湖まで行って昭和新山や
白老(しらおい)町のアイヌ部落のようなところを見てきたのですが
昭和新山は中学校の修学旅行以来でした。

昭和新山とは私の生まれる6年前の昭和18年から19年にかけて
大爆発を17回も繰り返して出来た標高398mの山です。

昭和新山(398m)

3.jpg

こうして父と札幌の親戚親子と一緒に北海道の風景を楽しんで
この日も親戚の家に宿泊しますが、豊田市を出てから五晩目の夜も過ぎて
いよいよ明日は故郷に向かいます。

第二話おわり

あと書き

この愛知県から北海道へのドライブは
豊田市を7月30日に出発して、豊田市に帰ったのが8月14日の夜でした。

あのころトヨタでは、7月末から1週間ほど夏休み
そして1週間働いて今度はお盆休みが3日か4日あったと記憶しています。

ですから北海道に帰るため
有給休暇を含めてたっぷり長期の夏休みになったと思うのですが
どちらにしても、こんな長旅はこれが最初で最後でした。

それではまた第3話もぜひ読んでくださいね~[わーい(嬉しい顔)]

 


nice!(28)  コメント(6) 
共通テーマ:blog

レナウンのシャツが値下げしてる~ [プー太と父の日記 2013年]

昔話が続いたら肩が凝ってしまったので
あの続きはしばらく休んで、今日は買物のことなど書いてみました。

ストレスなんてほとんどないのですが
堅苦しい記事が続くと、どうしても息抜きがしてしまいたくなるんですね。

たまぁにイオンに行くのが一番簡単な私の気分転換なんです。

それではイオンに行ってきた成果話を[目]

イオンに行っていつものように
ビ-ルやワインを買ってから2階の紳士服売り場に行きました。

前から目を付けていたレナウンの半袖シャツがあったのですが
8,295円
もするのでなかなか買えませんでした。

7月の中頃には4,000円に値下げしていたので
どうするか迷っていたのですが、ついに2,980円に値下げしていたのです。

こんな調子なので、お盆を過ぎたらもう少し値下がりするような
気もしたのですが、売切れたら大変と諦めて買うことにしました

そして1回のカウンターに行って
イオンワンデーパスをもらってきてさらに10%引き
結局欲しかったレナウンの半袖シャツを2,682円で買うことが出来ました。

去年の夏も10,000円ちょっとのメーカー品を
1,316円で買ってしまったんですが、夏は毎日のように部屋着にしてても
まったく型崩れもしないし、すごーく気にいってるんですよ。

写真を見るだけでは10,000円以上の品に
見えないかもしれないですが、私が着るととてもいい感じなんですよ。

着る人にもよるんでしょうね

みなさんが着ても、ただの安物に見えるだけでしょうけど[わーい(嬉しい顔)]

1.JPG

今回買ったのは茶系の色なんです。

夏に着るものはだいたいブルーや1.JPG

グリーンなどの明るい色が多いのですが

今回はぐっと大人っぽくシックな茶系です。

これでちょっとは大人っぽく見えるかな~

えっ[exclamation×2]それ以上大人になったら

ますますジジーに見える・・・

そんな人のことなんか心配してないで

自分の顔を鏡でよ~~~く見てくださいね[わーい(嬉しい顔)][exclamation&question]


nice!(26)  コメント(16) 
共通テーマ:blog

古い扇風機 [黒い玉手箱 愛知]

黒い玉手箱(愛知県在住時代の思い出)

ブーンパタパタパタ・ブーンパタパタパタ

どこか優しく懐かしい音を聞くと、あの暑かった愛知県の夏を思いだします。

トヨタの寮に住んでいたとき、私の部屋は鉄筋コンクリートの
4階だったので、メチャクチャ暑いとも思わなかったのですが
2年ほどすると周りにもちらほらアパート住まいする人が出てきます。

私も自分の城が欲しくなってしまい
寮を出てアパートを借りることにしました。

城と言っても4畳半の小さな部屋なのですが、城は城です。

このアパート、冬は良かったのですが夏が暑くて暑くて
平屋で屋根はトタン、太陽の熱をいっぱい吸収するせいか
部屋の中もすごく暑くなってしまうのです。

その寝苦しい夜をどう過ごしたか

寝る前にタオルを持って共同洗面所兼、台所兼、炊事場に行って
水をたっぷりタオルに含ませて軽く絞ります。

北海道と違って、いくら水を出しても
ぬるま湯のような水しか出てきませんが、たっぷり水分を含んだタオルを
部屋に持って帰り、パンツ1枚になって布団の上にあお向けになります。

もちろん窓は開けて網戸ですが
風なんてまったくないし、外は夜も暑いので
窓を開けても閉めてもあまり変わらないような感じでした。

 

そして濡れたタオルを腹の上にのっけて1.jpg

扇風機を回してそのまま朝まで眠るのです。

夏は毎日のようにこんな恰好で寝ていましたが

北海道でこんなことしたら
夜中に冷えて、一晩で腹を壊してしまうでしょう。

そのときの扇風機の音が、ブーンパタパタパタって
まるで子守唄のような優しい音に聞こえたのです。

やがてトヨタを退社して北海道に帰るとき、ステレオや
買ってほとんど使ってない百科事典などは、質屋さんで処分したのですが
暑い夜を共にした扇風機を愛知県に置いて帰るのは寂しい話。
まだまだ頑張ってもらわなくちゃと思い、北海道に持って帰ることにしました。

 

 1973年(昭和48年)7月29日2.jpg

トヨタを退社して

北海道に帰る途中

栃木県塩谷郡藤原町

民宿「男鹿荘」にて

ルーフキャリアの上の

段ボール箱に

扇風機が入っています。

 

そんなことで北海道に帰ってからも、年に何回か
あの暑いアパートの夜を思いだしながら使用していたのですが

5~6年前、サンヨーの古い扇風機で発火する事故が続いて
使用するのは止めて下さいという記事を新聞の広告で見たのです。

私の大切にしていた扇風機も、ちょうどその製造の年に該当してしまい
とうとう使用を諦めることになってしまいました。

後日、ゴミ処理場に捨ててくることになりましたが
私にとってはトヨタ時代から使っていた思い出のもの

ただの電器製品とは思われず
長い間頑張ってくれてありがとう感謝の気持ちを込めて置いてきたのです

 

あと書き

その後買った扇風機の音を聞いていたら
あの4畳半で使っていた、古い扇風機を思いだしてしまいました。

何か一つだけでもトヨタ時代の思い出のものを
とっておくつもりで大切にしていた扇風機だったのです。

扇風機を積んだ私のスプリンターの写真の風景ですが

1973年7月末、トヨタを退社して愛知県豊田市を出発、長野県に2泊

妻籠、馬籠、上高地、松本城、黒四ダムなどをゆっくり見てから

群馬県渋川市を通過して日光を見物

それから福島県の猪苗代湖を見たいと思って
会津若松に向かう途中の山の中の民宿でした。

 

 


nice!(27)  コメント(8) 
共通テーマ:blog

町内会の夏祭り2013 [プー太と父の日記 2013年]

北見でも7月から8月にかけてあちこちで夏祭りがありました。

そんなとき私と同じ職場のまだ40代になって間もない大澤さんから

プー太の父さんの近くの公園でやるから見においで~と誘いがありました。

大澤さんはオールディズのバンドを
やってるようですが私も見たことがありません。

おいおい、人を誘うからには相当自信があるんだろうな~
思いながらも、
公園は近いし行ってみることにしました。

 

その本番前にプー太と散歩していたら、ギターの音が聞こえます。
慌てて公園にいったら、まだ4時だというのにリハーサル中でした。

話を聞くと、2時前から来てアンプや楽器の設置をしていたようです。

リハーサル中の大澤さん(中央)

01.JPG

 

家で夕食を終えて6時過ぎ

ビールとワインが効いて、少しフラつきながらも
公園に着くと、賑やかなギターやドラムの音が聞こえてきます。

人混みをかき分けて前の方に行くと
演奏している前で10人ほどの人が踊っていたんです。

 

その中で白いハットをかぶってミニスカート
腹まきのようなものを着けて、背中は丸出しで踊っている女性がいました。

お尻をフリフリしてとてもセクシーなんです[黒ハート]

さらに近ずくと、背中の肉もぶるんぶるんと一緒に踊っていました。

今度はその女性の前に行ってお腹を見ると
お腹の肉も行き場を失なったかのように激しくぶるんぶるん。

そしてヘソも見え隠れしながらリズムよく踊っていたのです。

 

プー太の父さんイヤラシー[ちっ(怒った顔)]なんて言わないでくださいよ

私も女性の体を、好きでジロジロ見てたわけでないのです。

少しでもリアルに再現して、皆さんに分かって欲しいと思っただけ・・・

これがブロガー魂なのですk-90.gif 

不人気ブロガーの私が
調子に乗って偉そうなこと言ってしまいました・・・反省[ふらふら]

 

そして顔を見てびっくり[exclamation×2]
なんと私とそんなに変わらない年齢のようなんです。

いや~元気な方、しかも踊りはすごくリズムに乗って楽しそう。

あの素晴らしい踊りからして
若い頃はディスコ通いなどして相当鍛えたのでしょう。

 

さてさてすっかりこの女性の踊りに魅了されてしまって
大澤さんのことを忘れそうになりましたが

一番前に座ってステージを見ると、やってますね~

大澤さんはたしかベースギターだと言ってたのです。

ベースギターなんて縁の下のチカラ持ちなんだから
隅っこで大人しく演奏しているもんだと思ってたのですが

ステージの真ん中で、ボーカルのステキな女性と一緒にノリまくってるんです。

まるでローリングストーンズのキース・リチャード[exclamation&question]

ボーカルの女性はバンド名と同じレッドシューズを履いています

02.JPG

なかなかやるもんだなぁ~と見とれているうちに

懐かしいウォークドントランや秘密諜報員などベンチャーズメドレーも
演奏して、最後は私も大好きなドナ・サマーのホットスタッフ。

もうムードも最高潮のなかで終ってしまいました。

いや~良かった良かった、大澤さんとレッドシューズのみなさん
来年も隣の町内会の夏祭りに
絶対来てね~[わーい(嬉しい顔)]

 

 

 


nice!(23)  コメント(9) 
共通テーマ:blog

孫も一緒に墓参り [お父さんの故郷]

私の昔話をずーっと読んでくれてる方は、いつも父の話ばかりで
母が出てこないと思ってる方も多いと思いますので少しお話します。

私が2歳、弟は生まれて間もない頃
両親が別れることになって兄だけが母の元に残り
私と弟はそれぞれ違うところにもらわれていくことになりました。

私をもらってくれた家では5人家族となりましたが
私を可愛がってくれた育ての母が4歳のとき病死、小学生のころ

祖父と祖母も他界してからは、ずーっと育ての父と二人の生活でした。

祖父も私を可愛がってくれたので、ときどき同じ布団で
一緒に寝ていたのですが、小学3年生のときのある朝
私の横で静かに息を引き取っていました

祖母は私が悪戯をしたら、鬼のような顔をして
追っかけて来たこともあるくらい恐かったのですが
病気になって寝たきりになってからは、すっかり人が変わってしまいました。

気も弱く優しくなってしまって、私が家を出て遊びに行こうとすると
どこへ行くんだ~と心配そうに言うのです。

私が小学5年生のとき、祖母のカラダも弱り、布団から起き上がることも
話すこともなくなった頃、私の名前を読んだのです・・・

 

そして草履(ぞうり)を持ってきてくれ~

ちょっと気味が悪くなったので、父にその話しをしたら

あぁもうダメだな~と言いました。

父の言うとおり
長い間寝たきりの祖母は、その日のうちに息を引き取ってしまいました。

実の母は兄の住む川口市の墓で眠っていて、弟は旭川市に住んでいます。

そんなわけで私のブログに登場する父は、育ての父であり
川口市の話になると、実の兄と墓で眠る実の母の話になるのです。

お盆8月15日

娘婿の買って間もない7人乗りのクルマで
育ての両親と祖父祖母などが眠る、故郷の墓参りに行ってきました。

img001.jpg

クルマの前席では息子と娘婿が仲良く談笑してにぎやか
真ん中の席では、娘が初孫(昨年の暮れ誕生)の面倒を見ています。

一番後ろの席では私と女房が、いつものように口げんかしいしい座っています。

親がこんなにしょっちゅう口げんかしながらも
子供たちはみんな仲良く、親に似ないで本当に良かったと
思ったりしながら、孫の顔を見ながらの楽しいドライブになりました。

息子の嫁さんだけがお盆も仕事で、一緒に行けなくて残念だったのですが
時々我が家で、みんな揃うと本当に楽しいものです。

P8150009.JPG

北見市からオホーツク海側を120キロほど北に向かうと興部町
みなさんこの町の名前を読めますか?

おこっぺと読むのです。

P8150045.JPG

P8150044.JPG

 

娘がここのソフトクリームが食べたいと言うので
道の駅に寄って私も食べてみましたが、本当に美味しいソフトクリームでした。

さらに北上すると枝幸町、この町から宗谷地方に入ります。

P8150036.JPG
P8150034.JPG
P8150038.JPG
 
それからまた1時間近く走ると日本最北の村、故郷猿払村に到着。
 
私を育ててくれた父やご先祖さまに孫が出来たことを報告。
 
墓参りを済ませ、親戚や高校時代の
親友のところに顔を出してから猿払の道の駅に到着
 
P8150035.JPG
 
 
村は私が子供の頃
ニシンもホタテも獲れなくなってすごく貧乏村だったのですが
 
ホタテの稚貝を放流して育てる漁業に
方針転換してから、すっかり生きかえってしまいました。
 
レストランもホタテ料理がメインです
 
P8150019.JPG
P8150023.JPG
 

ホタテの他にオススメは牛乳

この村の牛乳は、おそらく日本一でないかと思うくらい美味しいのです。
みなさんもここを通ったら、ぜひ牛乳を飲んでみてください。

たぶん、さるふつ牛乳は最高だ~と言うでしょう。

P8150025.JPG

 

最後はふるさと自慢になってしまいましたが
こうして初孫も一緒に、北見市から故郷まで往復550キロほど
日帰りで墓参りに行って、夕方6時頃我が家に着きました。

家の横で、朝早くから置き去りにされていたプー太が
心細そうな、なんとも言えない顔をして待っていました。


タグ:墓参り
nice!(24)  コメント(16) 
共通テーマ:blog

故郷へクルマで帰る 第三話 [黒い玉手箱 帰省]

クルマで愛知県から北海道に里帰りした昔話

この昔話が最後まで終らないうちに、お盆に墓参りのために故郷に行った
今の話をしてしまったので、少し話がややこしくなってしまいましたが
第二話まで書いた昔話の続きになります。

(画像は全部ネットから借用しました)

1972年・8月4日~8月9日

田舎の実家から札幌の親戚の家に来て
私の札幌到着を待っていた父と二人で故郷へ向かったのが8月4日。

札幌から350キロほど走って実家が近くなってきた頃
対向車線を、私とよく似たクルマが走ってきました。

ブルーのカローラクーペ
よく見ると私と同じ
三河ナンバーと気がついた瞬間
カローラクーペがクラクションを鳴らして同年代の若者が手を振っていました。

愛知県の三河地方に住んでる者同士がこんな日本の最北近くで出合うと
よくここまで走ってきたね~なんて嬉しい気持ちになります。

これだけが田舎のただ一つの記憶。

実家に滞在した4日から9日まで、ほとんど記憶がないのです。

こんなとき何か資料や写真があればいいのですが。

帰省の話なのに実家での思い出がないとは残念ですが
田舎の実家で楽しくすごしたことでしょう。

しかしこの後の日付が入った、阿寒湖のホテルと網走で撮った写真が
ありましたので、帰り道のことはいろいろ思いだしました。

 

 それではここから愛知県に戻る話です

あの頃、職場のトヨタでは日本全国からいろんな人が来ていましたが
北海道の話題になるとすぐに網走が出てくるんです。

全国的には札幌よりも網走の方が
知名度が
高いのかと思うくらいよく話題になりました。

それは映画、高倉健の網走番外地シリーズが大ヒットした影響でした。

私は北海道出身なのに一度も網走を見たことがありませんでした。
網走を知らなければ、北海道の人間として少し恥しいと思っていたほどです。

8月10日

そんなわけで愛知県に帰るのなら
まっすぐ札幌に戻れば早いのに、ぐる~っと200キロ以上も遠回りをして
オホーツク海側を知床に向かって走り、網走に行くことにしました。

実家でいよいよ父と別れて、私一人で網走に向かうつもりでしたが

な~んと[exclamation×2]

田舎から札幌まで私を迎えに来た父が
またまた一緒に網走を見ながら札幌に行くというのです。

大阪万博に行ってからすっかり旅好きになってしまったので
私が網走に行くと言ったら、もうジーッとしてられなかったのでしょう。

こうしてまた父との二人旅になりました。

5.jpg

 

私の故郷は宗谷郡ですが
オホーツク海側を知床方面に向かって南下すると、雄武町から網走郡になり
紋別市を過ぎるとサロマ湖が見える湧別町や佐呂間町を通ります。

一緒に旅をする父も
網走なんか行ったこともないので、初めて見る風景でした。

4.jpg

 

同じオホーツク海側でも北の方は荒涼としていますが
紋別市や湧別町あたりから、背の高い木も増えて緑が濃く感じます。

サロマ湖も過ぎると赤いサンゴ草がきれいな能取湖。

 

初めて見る景色を楽しみながら5.jpg

故郷から

約250キロほど南下して

網走湖が見えると

いよいよ網走市に着きました。

 

初めての網走の印象

同じオホーツク海なのに、故郷に比べたら空や緑の色が濃くて
それにあのころは、まだまだ映画網走番外地の影響ですごい数の観光客です。

あのとき、オホーツク海側にも、こんな明るく活気がある街があるんだなぁ
思ったのが第一印象でした。

網走刑務所などを見ましたが
これで愛知県に戻って北海道の話が出ても

俺は北海道人、網走だって行ってるぞ~と自慢話が出来るのです。

第三話おわり

 

 

 

 

 


nice!(27)  コメント(2) 
共通テーマ:blog

赤ワインにブドウ [プー太と父の日記 2013年]

プー太2.JPGお父さん、たまにはボクにもブログ書かせてよー」

お父さん
「ああいいよ」

「久しぶりだから何を書こうかなぁ」

お父さん
「あまり悩むなよ~
 どうせプー太の記事なんてだれも読んでくれないんだから。」

まったくも~[ちっ(怒った顔)]

 

パクパク、モグモグ
この頃毎日のように、お父さんはワインのツマミにぶどう食べています。

美味しいぶどうと一緒にワインを飲むと
いつも飲んでるワインが、ますます美味しくなったと言ってます。

 

8月に入ってから、すっかり天気が悪くなって
この3週間ほどは毎日のように雨が降っていました。

今日は、ほんとーに久しぶりにいい天気です。
お父さんとのんびり散歩していたら、赤とんぼがいっぱい飛んでいました。

近所では今年もトウキビの無人直売所が開店
直売所の畑のトウキビたちは「早く食べてよー」って元気いっぱい。

P8290003.JPGP8290004.JPG

 

5 - コピー.pngぶどうの話
 先日栃木県の知人が美味しいぶどうをたくさん
送ってくれたので、食後にいただくつもりで台所に置いといたのです。

最近お気に入りの、イオンで買ってる480円の
スペイン産赤ワイン(ミディアム・安いのに美味い[exclamation])と栃木のぶどう

P8290002.JPG

 

しかし無意識のうちに台所から持ってきてしまったのか
気がついたときには、ワインを飲みながら10粒以上食べていました。

 ぶどうにぶどう酒[exclamation&question]

はじめは可笑しかったのですが、ワインとの相性も良く
安物のワインの味がすごくよくなったように感じられてしまって・・・

そんなわけで、ワインのつまみにぶどうが気にいってしまいました。

ちょっとポリフェノールの取り過ぎかな~[わーい(嬉しい顔)]

 


nice!(22)  コメント(10) 
共通テーマ:blog