So-net無料ブログ作成
検索選択

三重県と和歌山県の思い出 [黒い玉手箱 近畿]

黒い玉手箱 (愛知県在住の昭和43年4月~昭和48年7月までの話)

この箱に入っている古い資料や写真をもとに、若いころの思い出を語ります

5.jpg

黒い玉手箱シリーズで、愛知県に住みついた年に自転車で伊豆大島旅行
そして車の免許を取得したところまでお話しました。

そのあと中古のクルマを買ってあちこち走り回りましたが、今回は何度も行った
伊勢湾岸沿いの三重県、一度だけの和歌山県のことを思い出してみます。

当時愛知県から三重県に行くのに8.jpg

よく走った道路が名四(めいし)道路

この通行券は昭和47年のものですが

その2~3年後に無料になったようです。

愛知県から三重県に入ると桑名市です。10.jpg

桑名市長嶋町には長嶋温泉や国内では

ディズニーランドの次に広い敷地面積の

大型テーマパーク

ナガシマスパーランドがあります。

一度しか行ったことがなかったのですが入場券を保管していました。

 

桑名市の次が四日市市

日本4大公害のなかで、唯一大気汚染で多くの人達が苦しんだ街

四日市を初めて通ったとき国道から見たものは
高い煙突や無数の太いパイプや細いパイプのある大きな工場
いま思い出してみると毒ガス製造でもしてるような雰囲気の工場でした
茶色に錆ついたような民家の屋根や建物
街全体が茶色になってるような印象を受けたのです。

車の中にいても息苦しい気持ちになったのですが
公害の街としての四日市が、強く頭に残っていたので気のせいかもしれません。

最近の四日市の工場群(ネットから借用)

2DSC_1032.jpg

初めてこの街を通ったのは、私が19歳だった1969年(昭和44年)1月ですが
このときはまだ原告の喘息患者と被告のコンビナート企業6社の裁判中で
原告側勝訴の判決が出たのが1972年でした。

私には錆ついてたように見えた街に、多くの人達が喘息で苦しんだり
子供達が亡くなったり、また自殺した患者もいたのです。
本当に大変な歴史のあった街なので
あのとき通った異様な街の様子が忘れられません。

もしも夜に通っていたら
不夜城のように灯りがいっぱいの工場の巨大煙突から
大量の毒ガスが四日市の街に吐き出される気味悪い光景だっと思います。

なお三重県の県庁は津市ですが
工業や経済そして人口と四日市が三重県の中心都市のようです。

ほんの少しの通過時間なのに思い出に残った四日市市から南下

鈴鹿市、津市、松坂市

四日市市は忘れられない街ですが
この3市の思い出はまったくないのです。

鈴鹿市と言えば鈴鹿サーキットが有名ですが当時の若者には珍しく?
私はクルマのレースなどモータースポーツには興味がなかったのです。
津市は「つ」という一文字の地名で三重県の県庁所在地という程度。

さらに南下すると伊勢市

小学生のとき日本中が切手ブームになり1 (2).jpg

私もいろんな切手を収集していましたが

オホーツク海の砂浜しか知らなかった私には

すごく不思議な風景に見えて

いつか見てみたいと思っていたところ。

そこは伊勢市二見町二見浦(ふたみがうら)です

夫婦岩 1969年1月:撮影プー太の父)

2.jpg

上の写真はたまたま偶然に切手と同じような所から写していました。

3 (2).jpg

この日は曇っていて寒い日でしたが、この風景を見たときは感無量でした。

それから伊勢志摩スカイライン伊勢神宮などを見物

 

伊勢志摩スカイラインの景色は
それまで見たことがない絶景で、いつか自分が結婚したら
新婚旅行は絶対ここにするんだと思ったほどの素晴らしい景色でした。
でも現実にはその7年後新婚旅行は宮崎に行ってしまいましたが。

 

4.jpg

この風景が気に入ってしまって

その後2度か3度行ってるのですが

この領収書はその3年後

昭和47年3月となっています。

その当時500円だった通行料金は

現在は1,220円になってるようです

でもこの絶景を見たならば

通行料金が高いなんて文句は言えません。

伊勢神宮参拝もしましたが
1月だったのですごい人で大渋滞。

参拝するのに並んで少しずつ前に
歩いてるのですが、頭の上からお金が降ってきます。
後ろから賽銭箱をめがけてお金を投げ入れてるのでしょうけど
賽銭箱に届かないで、途中の人並の中にお金が落ちてしまうのです。

そして和歌山県にも行きました。

何度も行った三重県のことは思い出すのですが
和歌山県には一度しか行ったことがなく、覚えているのは
那智の滝、クジラの街太地町、本州最南端の潮岬などですが
写真も資料もなく記憶も薄れ、記事に書くことができませんでした。

潮岬(ネットから借用)

800px-KureZaki.jpg

ただ太地町を通った時には
クジラのモニュメントを見て初めて捕鯨の町と知り、潮岬に行ったときには
本州最南端の碑を見たので、そこが最南端と知ったような記憶があります。

黒い玉手箱、今回は三重と和歌山の思い出でした

 

 

 

 


nice!(20)  コメント(8) 
共通テーマ:日記・雑感

やっと1年経ちました [プー太と父の日記 2012年]

プー太2.JPG今日は何の日~~~[exclamation&question]

それは去年の9月7日に
ボクとお父さんがブログを始めた日です。

誰も見てくれなかったらどうしよう」なんて
お父さんも心配しながら始めたブログですけど
少しずつ訪問してくれる人も増えて、お父さんはやる気まんまんです。

みなさ~ん[exclamation×2]いつもありがとうございます
2年目もぜひ見に来てくださいね。

そんなお父さんが
この40年も前の古い絵ハガキを見てビックリしていました。
どうしてビックリしたのかわかりませんけど、何か発見したみたいです。

おーい、それ以上言うなよープー太はお喋りなんだから
口止めされてしまいました。

いつかこの絵ハガキのことを記事に
書くと思いますので、それまで待っててくださ~い。

img001 (3).jpg


nice!(22)  コメント(24) 
共通テーマ:日記・雑感

伊吹山 [黒い玉手箱 近畿]

 今回の黒い玉手箱シリーズは40年前の伊吹山の思い出です

いつか本州の山に登ってみたい
どうせなら日本百名山にと思っていましたが
思いだして考えてみると、40年ほど前にたった一度だけ登っていたのです。

この事実を知ったのは、つい最近のことですがびっくりしましたね~

ただし9号目までクルマで登ったので、登山とは言えないのですけど。

それは滋賀県の最高峰伊吹山(標高1377m:日本百名山のひとつ)
伊吹山ドライブウェイの入口は岐阜県関ケ原町ですが頂上は滋賀県です。

img001 (3).jpg

この伊吹山ドライブウェイを走ったことは覚えてるのですが
それ以上のことは特別考えていませんでした。

ネットで調べたら(9号目の頂上駐車場に車を停めて
そこから歩いて頂上へ、頂上は霊場の雰囲気
)となっています。

そのときのことを思い出してみましたが
私も伊吹山ドライブウェイを走って終点の頂上駐車場に
クルマを停めて、たしかに頂上まで歩いて行ったのです。

岩があちこちにゴロゴロと転がっていた頂上には
神様を祀っていて霊場という雰囲気だった記憶がありました。

40年前の思い出の通行券

img001.jpg

通行券に日付が入ってなくて残念です。
このときはたぶん昭和46年かなと思いますが、当時800円だった
通行料金が現在は3,000円というバカ高い料金になってるようです。

ちょっと懐かしくなったので、ネットから伊吹山の画像を借りてみましたが

伊吹山のお花畑4.jpg

あのとき天気が良ければ

景色もよかったのでしょうけど

曇っていて頂上は寒く

景色はあまり見えなかったような気がします。

 

ここが9号目の駐車場

私もここにクルマを停めて頂上まで歩いたのです

2-2.png

頂上7.JPG

霊場という雰囲気が

記憶にあるのですがたぶん

この神様を見てそう思ったのか。

 
一度は行きたいと思っていた本州の百名山に
40年前に行ってたなんて、うれしい発見でした。
若い時あちこち走り回っていて本当に良かったと思います。
いま行こうと思っても、そんな遠くまで簡単に行けないですからね。
 
話のついでに、この近辺の思い出のものがまだありましたので
 
 
img001 (4).jpg
 
関ヶ原の古戦場なども見てるのですが、ウォーランドにも行ってたようです。
ウォーランドとは、関ヶ原の戦いなどの博物館みたいなものです。
img001 (2).jpg琵琶湖大橋の通行券ですが、これは
昭和46年8月29日と
はっきり分かる
日付スタンプが
押してありました。

どこの有料道路も通行料金が
高くなってるのになぜか
琵琶湖大橋の通行料金は
40年後の今も同じ200円です。
 

あと、この近くでは、
彦根市の彦根城も古いままで
とても良かった記憶がありますが
彦根城の入場券は手元に残っていませんでした。
 
 
今回は岐阜県と滋賀県にまたがる伊吹山の思い出話でした。

nice!(17)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

プー太の父の恋 [プー太と父の日記 2012年]

ある素敵な女性に恋をしました。

その人は毎日私を迎えに来ます。

やがてみんなに知れ渡ってしまいました。


今日も素敵な笑顔で私を迎えにきました。

みんな
プー太の父さんその女は悪魔だから行っちゃだめだ~

プー太の父
みんな何を言ってるんだ、こんなきれいな人に向かって

その女性のところに行こうとする私は
みんなに手足を引っ張られて引き止められます。

素敵な女性

プー太の父さん、そんなバカな
人達にかまってないで早く行きましょう

しかしみんなに引き止められて動けません

素敵な女性

突然、顔と態度が一変してしまいました 

プー太の父よ
何をグズグズしてるのだ早くこっちにくるのだ~
37.gif

プー太の父 ギャ~~~ッ[exclamation×2][がく~(落胆した顔)]

こんなわけで
今朝は3時半に悪魔に起こされてしまいました。
途中まではいい夢だったのですけどね。
でもみんなに引き止められなかったら
今ごろは悪魔に喰われてしまっていたでしょう。

あ~あ(ため息)

土曜日まで頑張って仕事を終えて、やれやれ今日は
久しぶりに登山でも行こうかなと思ったらまた雨降りの天気予報。

おととい金曜日は30度、昨日土曜日は31度と絶好の行楽日和だったのです。

先週も同じで、毎日天気が良かったのに休みになると雨が降って
まったくどうなってるんですかね、平日はこんないい天気に仕事なんか
してないで登山でも行きたいなぁと思うくらいの天気が続いたのに・・・

もう仕事なんかや~めた[ちっ(怒った顔)]」と辞めてしまいたくなりますが

まだ年金も満額もらえないし、仕事を辞めても私は子供のころから
貧乏生活には慣れてるから平気なんですが

プー太は良家もちろん我が家のこと[わーい(嬉しい顔)]のおぼっちゃま愛犬として
育ってしまったので
貧乏生活には耐えられないだろうなと思うと
やっぱりあと2年頑張らなくちゃね。

カボチャは元気がいいですね、庭から飛び出してしまいました

P9150007.JPG


nice!(19)  コメント(12) 
共通テーマ:日記・雑感

お父さんは札幌へ行きます [プー太と父の日記 2012年]

 お知らせ

プー太2.JPGお父さんはこれから用事があってに札幌に行きます。

札幌まで片道ちょうど300キロもあるけど、天気もいいので
久しぶりの長距離ドライブにお父さんは張り切っています。

明日の夜(金曜日)に帰るので、その様子の日記は
土曜日か日曜日になりますけどそれまで待っててください。

せっかく訪問してくれたのにすみません。


nice!(11)  コメント(6) 
共通テーマ:日記・雑感

石北峠を通って札幌へ  [ドライブ風景]

無事に札幌に行って帰りましたが
あちこち用足しがあったので、札幌見物はゆっくり出来ませんでした。

特別な話題もなかったのですが道中の様子など少し記事にしてみます。

北見から札幌に向かうには3コースあって
私はその時の気分でいろいろコースを変えて札幌に行きますが
今回は一番古くからあるオーソドックスなコース
旭川までは国道39号線、旭川からは国道12号線を走って札幌に行きました。

高速道路を走ると道の駅などいろいろな所に
寄る楽しみがなくなるので、帰りだけ高速道路を走りました。

まず北見から旭川に行くには
標高1050メートルの石北峠(せきほく峠)があります。

昔、北海道の中央の石狩国とオホーツク海側の北見国を
結ぶ道路として出来たので、
こういう峠の名前になったようです。

石北峠を少し下ると、北海道を代表する大雪山系が見えてきて
このあたりは、もう紅葉が始まりそうな気配を感じました。

P9200007 - コピー.JPG

旭川市を過ぎて滝川市まで来ると
あちこちに道の駅やら農産物などの販売所があるので
この辺から後席で居眠りしていた女房が忙しくなります。

P9200013 - コピー.JPGP9200016 - コピー.JPG

P9200018 - コピー.JPG

砂川市に来るとここに寄るのも楽しみ。

美味しいお菓子屋さん北菓楼、雑誌にも載ってたことがあるので
あちこちに名前が知れ渡っているかもしれません

P9200020 - コピー.JPG

 

それから岩見沢市、江別市を通過してようやく札幌市

モダ石油(昔から北海道一安いガソリンスタンド)の美唄市店で
135.8円でガソリンを満タンにしてきたら
札幌の清田区に入ったらまだ安い132.8円というスタンドがありました。

この調子だと札幌のモダ石油はまだ安いかもしれません
ちなみに昨日モダ石油北見店でガソリンを入れたら141.8円でした。
(どれも会員価格でセルフの価格です)

P9210038 - コピー.JPG

そして女房の兄と父の住む家に到着しますが
話が長くなってしまいましたので、また水曜日ころまで続きを書きます。

下の写真のカワイイ金魚は、いつも逆さまになってますが
次回は父親が飼ってるこの金魚を自分で手術をしたという話です。

P9210036 - コピー.JPG

nice!(15)  コメント(10) 
共通テーマ:日記・雑感

札幌じいちゃん金魚の手術 [ドライブ風景]

先日の札幌の続きになりますが
私がこの可愛い金魚をジッーと見つめていたら横から
兄嫁(女房の兄の妻)が「プー太の父さんその金魚カワイイ[exclamation&question]」と聞きます。

ユーモラスな表情をして愛嬌があって、本当に可愛い顔をしてるので
ジーっと見つめている私の様子もまた可笑しかったのでしよう。

私「カワイイね~目はパッチリ口はおちょぼ口で人間みたい

兄嫁「その金魚ね、この前おじいちゃん(女房の父92歳)が手術したんだよ

私「シュジュツ~???

兄嫁「金魚の口のところに出来物が出来たんだけど、だんだん
  大きくなってしまって、餌をたべれなくなってしまってねぇ
  おじいちゃんは金魚が可哀想になって、この出来物はガンだと言って
  水槽から金魚を取り出して、台所に行って包丁を持って
  その出来物を切り取ってしまったの。

  そして薬箱から人間用の消毒液を出して、切り取ったあとに
  消毒をしてから水槽に戻したんだけどまだ餌を食べることが出来なくて
  おじいちゃんが又水槽の中から金魚を取り出して、手で食べさせたんだよ。
  おかげでだいぶ元気になって今は自分で餌を食べてるんだけどね

P9210036 - コピー.JPG

どういうわけか、この金魚はいつも逆さまになっていますが
たまあには普通の向きにもなります。
いつか札幌に行ったらまたこの金魚に会うのが楽しみです。

滝野霊園から見えた山は樽前山かな~?

002.JPG

翌日久しぶりに札幌テレビ塔を見ました

003.JPG

モントレホテル札幌で用足し、落ち着いた雰囲気でいい感じでした

004.JPG

用足しも終わり、このまま北見に向かいますが
岩見沢市あたりから暗くなってしまって、辺りが見えにくく危ないので
高速道路なのに時速90キロから100キロと安全運転で走りました。

100キロかそれ以下で走ってるのは私くらいで、次から次とみんな
追い抜いていきますが、私が追い越したクルマはトラック1台だけ。

昼間なら100キロでも120キロでも平気なのに
夜は極端に目がダメになって
若く見えても[わーい(嬉しい顔)]やっぱり63歳、目がだいぶ老化してきたようです

北見方面最後のインターチェンジ
上川層雲峡で国道に出て夜9時に無事我が家に到着。

プー太は、娘が一泊して面倒を見てくれていたので
心配なかったのですが、この日は夕方前に帰ってしまったので
暗い玄関の中、ジーっと親の帰りを待っていました。


nice!(13)  コメント(12) 
共通テーマ:日記・雑感

ソネットから [プー太と父の日記 2012年]

ソネットから24,320円振り込みになりました。

 
img001 - コピー.jpg


このお金、1年前にプロバイダーを
価格.comを通してヤフーからソネットに変えたのですが
そのキャンペーンのキャッシュバックなんです。

本当は7月末に入る予定だったのですが
入金振り込み案内のリンクから、楽天銀行にたどりつけなかったり
やっとたどりついて受け取り手続きを終えたら

今度は受け取り銀行を北見信金-本店と入力するところを
うっかりして我が家の近くの北見信金-寿支店と入力してしまったりで
すっかり遅くなってしまいました。

ネットの銀行って便利な反面、間違ってもすぐに手続きしてくれないので
すごく不親切で不便なものだと思いました。もうこりごりです[ちっ(怒った顔)]

この24,300円はそのうち引き出して、私のヘソクリ袋に入れる予定です。

ヘソクリ袋は楽しい夢の実現のための大事な袋なのですが
いつの日か記事にして、ヘソクリ袋に入ってる夢を公開するのが楽しみです。

それから上の北見信金の通帳残高

ずいぶん少ないねなんて余計なお世話です。

私は銀行嫌い、わが家の地下の段ボール箱にいっぱい入ってますから[わーい(嬉しい顔)]


nice!(16)  コメント(10) 
共通テーマ:日記・雑感